6/20(土) 清見寺へポタリング

 今日は天気い~ね。 ちょっと出発が遅くなりましたが、海岸線を西へ走って興津の『清見寺』見学ツアーに行く。 (^^)/ 

 10:30 出発、今日はローディーが多いですね。
 11:20 田子の浦から富士山が。
c0133096_20594556.jpg

 12:00 由比手前。
 暑いけど、気分晴れ晴れだね。 でも日焼け止めを塗るの忘れた (><) 
c0133096_2144087.jpg

 12:30 スマル亭で昼飯。 ここまで暑かったので、冷えたもり蕎麦と熱々の桜海老天付き蕎麦のダブルにした。 汗をかいた後の汁物が旨いっす、でもちょっと食いすぎた~  (^^;)
c0133096_21102097.jpg
 
 13:00 清見寺に到着、ここでH氏と合流。 なんか頭くらくら、軽い熱中症?
c0133096_2116747.jpg

c0133096_21263265.jpg 清見寺は昔、東北の蝦夷に備えて、此の地に関所が設けられ清見関と呼ばれていました。
 その傍に仏堂が建立せられ関所の鎮護とせられました。これが清見寺の始めだそうです。

 平安時代ですが、静岡以東はまだまだ未開の地だったんですね。
c0133096_21235934.jpg

 300円払って、本堂に入りました。  
c0133096_21312439.jpg
   
 手入れされたお庭が綺麗でした
c0133096_21321842.jpg

 徳川家康が幼少のときに、手習いした部屋がありました。
c0133096_21362969.jpg

 こんな大広間でお昼寝がしたいね
c0133096_21374581.jpg

 明治天皇や大正天皇も滞泊されたという。 玉座の部屋がありました。
c0133096_21433312.jpg

 昭和初期の写真です。 東名も国一もなく風光明媚な寒村の風景です、いいなぁ、のどかだなぁ。 
c0133096_21483933.jpg
c0133096_21485546.jpg

 豊臣秀吉は北条征伐の際に、ここに一時本営を置き、全軍の指揮を執り、鐘楼の梵鐘を徴用し陣用に使ったそうです。
c0133096_21533339.jpg

c0133096_21541270.jpg

 お寺の奥に五百羅漢石像があります。 江戸時代中期に造られたが作者不明。亡き人の面影を偲ばせる石像を探し当て、それを供養することで冥福を祈るという。
c0133096_928563.jpg

 似た人? ちょっと探すのが難しい (^^;) 石の顔顔顔
c0133096_225267.jpg

 ちょっと登ってみました。 昭和初期の写真の海岸線よりずーと、遠くに海が見えた。
c0133096_22406.jpg

 帰りは、近くの公園で昼寝をして、ブログで有名な『たい焼き』を食べ。 あんこがあっさりしていて旨い。
 
 14:30 H氏とはここで別れ、静岡方面へ行くとの事。 帰路へつき、堤防を走ると、国一橋脚の陰で涼しく走れました。 
c0133096_22121644.jpg

 16:10 帰宅、今日は暑くてバテました~。 (^.^;)  走行距離:90㎞
 
d0089111_22113787.gif←ポチ宜しく、ブログランキングに登録しています。 いつも応援ありがとうございま す。
by takatakabike2 | 2009-06-20 21:10 | 自転車 | Comments(0)