9/13(日) 火天の城

 今朝は残暑が厳しかった。 近場の山へ自転車で登ったが、久々の登りで結構これがきつい。 (><)
 今日は日本晴れで珍しく富士山がくっきり (^^)/
c0133096_1845296.jpg

 2時間ほど走って大汗。 冷たいシャワーを浴びてビールでカンパ~イ。 極楽、極楽 (^^)
 でも、このあと喰い過ぎで、腹壊した (><)

c0133096_1937362.jpg 昨晩観た『火天の城』は、結構お金かかってる城の木組みなど、見ごたえがありました。

 巨大建築に挑む岡部らの情熱と職人としての気概。
 ただ、岡部ばかりが目立ちすぎて、多くの名工たちがその他大勢的になり、物語に深みがなくなってしまったかな?。

 また、岡部と妻の田鶴(大竹しのぶ)、娘の凜(福田沙紀)の家族の話は平凡なうえに冗長感もあって、ちょっと退屈だった。

 城は3年掛けて建造したが、その3年後に炎上してしまう。 今、安土山は干拓が進んで琵琶湖から数キロ離れた田圃の中にありますが、当時は周りを湖水に囲まれた島だった。  


c0133096_19391252.jpg また。安土城はそれまでの城とは較べ様も無く巨大だった。 それまでは2、3階程度だった天守閣を外観は五重で、地下一階地上六階の造り。 また、信長のほか、天主に住もうと考えた者はなく、居城とし日本で天主に住んだ唯一の人だった。

 映画でも出てきた巨大な『蛇石』、山頂へ運び上げたはずが、今はどこにも無く、謎のまま。 

 信長がバテレンから西洋の建物は天井が高い荘厳な建物があることを聞き、安土城を3階まで吹き抜けにした。という説がある。 この映画では岡部が木造では火事になると、火の道になり、あっと言う間に焼失すると出張。 吹き抜け有り無しの縮尺模型を燃やし、信長を説得している。
c0133096_19394892.jpg

 去年の春に安土山に登り、天主の跡を見てます。 山の麓から巾5mほどの立派な一直線に伸びた石の階段があり、山頂には天主を支えた石が残ってました。
 大手門の階段や史跡は、つい最近の発掘で発見されました。 信長が亡くなって豊臣、徳川と時代が過ぎ、織田信長の安土城は長い間忘れ去られた城でした。
c0133096_22193151.jpg
c0133096_2219444.jpg

d0089111_22113787.gif←ポチ宜しく、ブログランキングに登録しています。 いつも応援ありがとうございます。
Commented by まこまこ at 2009-09-14 22:29 x
発掘といえば、高尾神社跡地で大規模な日本最古・の古墳が見つかったそうですね。今度見に行きましょう。Hさんなんか、もう行ったかな~
Commented by takatakabike2 at 2009-09-16 22:09
こんな近くで大発見とは。。。驚きです。 古城発掘隊も見逃せないでしょう。最近ネタが無さそうなんで (^^;)
by takatakabike2 | 2009-09-13 18:51 | 自転車 | Comments(2)