5/5(水) 5/1 花とさざれ石の伊吹山登山 記録

 昨日4/30の自転車のパンクで2日の自転車計画が1日となって、伊吹山のさざれ石公園でのテント泊まりはなくなり、草津のビジネスホテルから朝5:00移動。 ぐるっと回り込んで岐阜県揖斐川町春日のさざれ石公園に7:30到着。
 伊吹山登山は表(南面)のリフト場からの登頂が一般ですが、静かな登山を選びました。
c0133096_19214462.jpg

 さざれ石?!あの国歌に出てくる? ちょっと調べました。

  『君が代は 千代に八千代に さざれ石の いわおとなりて こけのむすまで』

 歌詞にある「君」とは、天皇を意味しています。そして、この歌は、天皇のおられるこの国が、小さな石が岩となり、その上に苔が生えるほどまでに永く、平和で繁栄することを願う歌です。
 岩が小さくなるというのなら分かりますが、小さな石が固まって本当に大きな岩となるのでしょうか。この疑問に答えてくれる「ざされ石」が、実在します。

 「ざされ石」は学名「石灰質角れき岩」と言い、石灰石が長い年月の間に雨水で溶解し、その粘着力の強い乳状液が、次第に小石を凝結させ、だんだん巨岩となり、河川の浸食により地表に露出、苔むしたものです。

 春日村には、「君が代」にまつわる伝説があります。
平安時代の初め、文徳天皇の第一皇子に、惟喬親王(これたかしんのう)がおられました。天皇は親王を皇太子に推すつもりでした。しかし、事情により親王は、年下の第四皇子(後の清和天皇)に皇子の座を先んじられることとなりました。悲運の親王は一時、近江の小椋郷に隠れ住みました。やがて親王はその地で、お椀や鉢などを作る木地師(きじし)の祖神とされるようになったのです。

 ある時、親王に仕えていた木地師の一人が、小椋郷の君ヶ畑から,良材を求めて、春日の地へやってきました。そして、君ヶ畑に向かう途中、川辺でめずらしい石を目にしたのです。それは「さざれ石」の巨岩でした。男は心を打たれ、見たまま感じたま歌を詠みました。

  『わが君は 千代に八千代に さざれ石の巌となりて 苔のむすまで』

 この歌は都で評判を呼び、ついには『古今集』に採録されることとなりました。男は身分が低かったため、「よみ人知らず」の歌とされたのです。その後、男は朝廷から歌のうまさを認められ、石にちなんで「藤原朝臣石位左衛門(ふじわらあそんいしいざえもん」という名前を賜りました。この歌が民衆に歌い継がれる間に、「君が代は」と歌われるようになっていったのです。
 「君が代」には、小石が巌となり、その上に苔がむすという、偉大な自然の働きへの感動が盛られているようです。そして、自然の法則にそって生きる時にこそ、永遠の平和と繁栄があるという願いも込められているとも言えましょう。
 
 ちょっと長くなりました (^^;) 

 公園から立派な農道が先に続いて標高100mほど稼ぐ。 家庭菜園のような小さな耕作地しかないけど、これも農業促進事業かなんかでしょうか。 でも、助かった (^^;) 8:10スタート

 1時間歩いて振り返る、例の農道が見える。 山頂まで約600mの登り、天気はいいが気温が低い。 花の伊吹山と聞いてましたが、全く咲いてません (><)  
c0133096_19355495.jpg

 途中、9合目まで伸びている有料道路に出て、ここから舗装路歩き。 ここは歩行禁止。道路関係者に注意された (><) でも、ここまで来て、帰れないから相手も知ってか!? 強くは言わない (^^)
c0133096_19481819.jpg

 9合目の駐車場に到着。 伊吹山はお花畑の山
c0133096_19512928.jpg

 10:15 昨日の自転車の疲れか山頂直下で足が止まりましたが、やっと1377mの山頂。 琵琶湖と湖東の米原、長浜でしょうか
c0133096_2064841.jpg

 関ヶ原あたり、靄ってますね。 来年は4時出発、6時に登頂して綺麗な琵琶湖を眺めたい ♪♪
c0133096_2071211.jpg

 北側は下に9合目の駐車場と岐阜の山々
c0133096_2074320.jpg

 下山は、登りでは咲いていなかった高山植物が花盛りに。 日差しと気温が上がって咲いたのでしょうね、ビックリ (^^)

c0133096_2027322.jpgc0133096_20275713.jpg
c0133096_203091.jpgc0133096_20305434.jpg
c0133096_20314972.jpgc0133096_20321672.jpg
c0133096_20573833.jpgc0133096_20371063.jpg

 揖斐川町モリモリ村の日帰り温泉に立ち寄って汗を流して帰る。 ここは温泉ではなく伊吹山の薬草湯でした。食堂で薬膳ラーメンを食す、ピリ辛で旨かった。
c0133096_204439100.jpg

 高速の上りは渋滞もなく順調に帰宅できました。 今回の二泊三日の走行距離は960kmでした(自転車は除く)。

d0089111_22113787.gif←ポチ宜しく、ブログランキングに登録しています。 いつも応援ありがとうございます。
Commented at 2010-05-06 12:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-05-07 07:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by takatakabike2 | 2010-05-05 18:37 | 登山 | Comments(2)