4/30(土) 3日目 伊吹山・関ヶ原古戦場 観光

昨日のビワイチで右膝を痛めてしまい、百名山の伊吹山(1377m)登山は裾野からの標高1100m登山は止め、九合目までドライブして標高200mほどのハイキングにしました。

今日は最高の天気となった (^^   伊吹山の山容はなかなか見ごたえがあります。
c0133096_20174241.jpg

伊吹山ドライブウェイ(¥3k)で9合目へ。

ここの谷間には翼を広げると2mにもなる絶滅危惧種の「イヌワシ」の生息地で、それを大きな望遠レンズで狙うカメラマンが大勢いました。

駐車場の隅に恋愛成就の観音様があって、後ろに霞んで見えるのは琵琶湖です
c0133096_20522916.jpg

30分ほどで山頂の台地に到着。楽した! 

早くも下から登って来たと思われる大勢の登山者が居ました。立派です。
c0133096_20544741.jpg
c0133096_20553301.jpg

この山は日本海から直接季節風を受けるので冬は積雪が5mほどになる。5月には北面の沢に少し残雪が残る程度だが、今年は暖かいのか残雪はありません。

また、水を溜めない石灰岩地質のため樹木は育たないが、霧が多く発生するため1300種以上の草花や高山植物が咲き誇ります。 今は花の季節には早いのか、残念ながら咲いていませんでした。

百名山に選ばれた他の理由は、樹木が無い事と単独峰なので360度の展望が望める事でしょう。

南方面は、関ヶ原や彦根方面と琵琶湖
c0133096_20594477.jpg

日差しは暖かですが風が冷たいので早々に下ります。
c0133096_21050412.jpg

北方面には、遠く白い残雪を頂いた白山が微かに望めました。
c0133096_21062031.jpg

次は、山頂から見下ろした「関ヶ原古戦場」へ向かいます。

まずは「関ヶ原町 歴史民族資料館」に寄る。
ここで古戦場の散策ポイントを教えてもらい出発です。

各武将ごとに陣地はあるので今回は「決戦地」→「石田三成陣地」→「島津義弘陣地」→「徳川家康 最後陣地」→ 戻り

「決戦地」 
c0133096_21352068.jpg

「石田三成陣地」 関ヶ原全体を見渡せて指揮を執るには絶好な場所です。
c0133096_21372461.jpg

c0133096_12265382.jpg石田三成の陣幕「大一大万大吉」は、
源平合戦の時代に木曾義仲を討ち取った石田次郎為久という武将が用いていたものを三成が気に入って使ったものだそうです。

意味は「一人が万民のために、万民は一人のために尽くせば、天下の人々は幸福(吉)になれる」という意味。
なかなか良い人そうです。

石田三成を悪者扱いにしたのは、勝者の徳川家康の謀でしょう。


散策路の途中、散った桜で染め上げられた芝生にビックリ。
c0133096_21422080.jpg

最後に「徳川家康 最後陣地」
c0133096_21445942.jpg

今日は暖かく、歴史散策日和の1時間半でした。 

古城探索隊のHさんは何度も来ているのかな?

そして、3日間の充実した満足な観光とツーリングを終え、帰りも新東名(小牧ー浜松)の開通により渋滞がなく早めに帰宅が出来ました!


人気ブログランキングへ  ←  ポチ宜しく
Commented by まこまこ at 2016-05-02 08:23 x
お疲れ様でした
前半の天気はいまいちでしたが、雨で困ったというほどではなかったので、非常に良いロード&観光だったですよね。
また挑戦しましょう。
Commented by takatakabike2 at 2016-05-02 13:18
お疲れ様,
体調が余り良くなかったですが、3日間充実した旅行とツーリングが出来ました。
また、計画しましょう。 次回があるなら、2日間を使って完全一周190km+寄り道観光○○kmが良いかも。
by takatakabike2 | 2016-04-30 20:31 | 旅行 | Comments(2)