8/20(土) 北ア 双六山荘 往復 (双六岳は断念) 

夏期休暇の後半は低気圧の影響で不安定な天候が続き、山行(二泊三日)へ行くチャンスがありませんでしたが、山の天気予報によると一日だけ土曜がはれるので、北アルプスの双六岳(予定は)の日帰り登山をしてきました。 お盆が過ぎると山は空いてます。

c0133096_17163187.jpg前日は15:00自宅発、21:00新穂高温泉 鍋平駐車場に到着(6h)、テント泊。

耳栓を忘れてしまい、30分毎に到着する車の音とライトでほとんど眠れませんでした(><

当日の予定は2:30起床、登山口を3:30発のつもりが、登山口近くの登山者駐車場が満車で、200mほど登った鍋平駐車場からの出発となり、登山口のスタートが4:20となり1時間ほど遅れてしまいました。


3:20鍋平駐車場ー3:50登山センタ(1090m)4:20ー9:00鏡平山荘9:25ー11:40双六山荘(2550m)12:00ー18:40鍋平駐車場 (15h20)

コースタイム:13h

詳細コース(他の方のナビデータを借用)   累積標高差:1800m  距離:28km

寝不足やスタート地点が変わったり、コースが長いこともあり、残念ながら双六岳までは行けませんでしたが、十分に夏山の素晴らしさを堪能できました (^^/


7年前の早朝の双六岳。 この景色を期待したが。。。  山は朝が一番!
c0133096_20311134.jpg

=====================================

3:20 鍋平駐車場から登山センタへの登山道は、夜明け前でしたが満月で明るく、道に迷うことはありませんでした。 ※登山道の地図

5年前にはこの道は無かったのですが、下の登山者用駐車場は路肩駐車を禁止したことで収容台数が減って満車になることが多く、鍋平を勧めているため、最近登山道を整備した様です。

登山センタも新しくなって、トイレや自動販売機がある所は24時間空いています。ここで朝飯を食べて、4:20 スタート。 
※当初予定の駐車場ならここまで5分ですが、今日はごたごたで50分程かかりました。

最初は林道を1時間半ほど歩きます。天気は予報通り晴天です
c0133096_18043352.jpg

笠ヶ岳への登山口を通過。ここの登山道は急登です
c0133096_18082230.jpg

途中「わさび平小屋」でトイレ休憩後、1時間50分で「小池新道」に到着。
ここから山登りです。まだ日差しがなく暑くないので快適に登れます。
c0133096_18123037.jpg
c0133096_18140830.jpg

日差しが出てきました。 青空が眩しい (^^/
c0133096_18152829.jpg

2時間半で「秩父沢出会い」に到着。

コースタイムより30分速く着きましたが、昨夜寝ていないので眠い眠い。
冷たい沢水を浴びるとスッキリ、夏山ならではの気持ち良さです。
c0133096_18183262.jpg

4時間ほどで1000m登って8:15「シシウドヶ原」2090mに到着。

登りは緩いですが林道歩きがあって距離は長く時間がかかります。
ここは高い樹木がなく、焼岳や西穂高がよく見えます。
c0133096_18234214.jpg

笠ヶ岳も綺麗に望めます。

今日も多くのトレランの方が抜いていきました。日帰りで何処まで行くのかな?!
あとで、帰り道で聞くと「雲の平の入口の黒部源流まで行って来た」と、小走りに下って行った。元気だなぁ!
c0133096_18312348.jpg

9:00 槍・穂高を写す「鏡池」に到着しました。
今日は残念ながら穂高連峰の尾根は雲の中です。
c0133096_18344531.jpg

広々した木製のテラスは修理中で休憩ができません。
c0133096_18354513.jpg

「鏡平小屋」で休憩。 ここには「かき氷」が売っていた。

前回ここで「牛丼」を食べたがまだまだ先が長いので帰りにしたが、帰りには売り切れていて、カレーライスをいただきました。
c0133096_18382463.jpg

小屋の周りは池が点在して気持ちが良い所です。 
ここから弓折岳(2588m)まで300m登れば、双六小屋まで尾根歩きです。
c0133096_18432155.jpg

30分登って、まだまだ山頂へ続く道が続きます。
c0133096_18460887.jpg

振り返ると、鏡平小屋が小さくなりました。
槍・穂高連峰の尾根はまだ雲の中です。登山者は残念でしょう。松本方面は曇りかな。
c0133096_18482497.jpg

小屋をズーム
c0133096_18492002.jpg

弓折岳を登りきり、尾根に出ました。
富山方面は晴れのようです。
c0133096_19290061.jpg

雲が多くなってきました。
ここは双六岳が見える「お花畑」ですが最盛期は終わり、ほとんど枯れていました (^^;
c0133096_19344953.jpg

保護色でよくわかりませんでしたが、2匹の「雷鳥」が登山道のすぐ近く居て「ビックリ」
c0133096_19452773.jpg

双六小屋が見えてきました(鞍部の土色の所)。 
その奥が雲の中の「鷲羽岳」、左は「双六岳」です。 遠くまで来ました。
c0133096_19502346.jpg

お盆休みが終わってテント場のテントも2張り、寂しいです。
c0133096_20571341.jpg

11:40 双六山荘に到着。 コースタイムとほぼ同じ7時間20分かかってしまった (@@

3人の中年女性の1人が双六岳へ登って行きました。「三俣山荘」で会いましょうと言って。他の2人は山頂を巻く「巻き道コース」を行くのでしょう。

元気だなぁ。 今回の登山者も女性の方が多かったし。

ここから双六岳往復は2時間です。帰りの時間を考えてここで終了します (^^;
山頂は雲の中だし、スタートの時間が遅かったし寝不足も堪えた。


足腰が悲鳴をあげる中、マイペースで下山して途中、雨に降られましたが暗くなる前、
18:40 無事に駐車場へ戻って来られました。

寝不足と疲労の中、これから6時間かけて車の運転をするのは辛く危険なので、駐車場で泊まって明朝帰宅することにした。
食欲はあまりなく非常食を食べ、横になると朝まで爆睡でした (^^/

PS:
夜、冷たい飲料ドリンクを買いに街へ下った帰り、真っ暗の中を2名の登山者が鍋平駐車場方面へ歩いていた。これから登りの道のりがあるので、車に乗ってもらいました。 
見覚えがあると思ったら帰りの林道で追い抜いた方です。1人の方が足を怪我して時間がかかったとの事。いいことしたな。


人気ブログランキングへ  ←  ポチ宜しく

Commented by y3 at 2016-08-22 21:44 x
お疲れさま
Commented by takatakabike2 at 2016-08-28 11:37
日帰り15h20mは,
最近では最長でした (^^; 都留さんの凄さに脱帽です。
累積登り標高差は白馬三山より少ないですが、距離は19kmに対し24kmあり、北ア最深部への道のりは長かったです。
涼しくなる9月下旬頃にアルプスへ行きましょう。
by takatakabike2 | 2016-08-21 22:42 | 登山 | Comments(2)