8/19 夏山山行-1日目(8/14) 針の木岳~爺ヶ岳~鹿島槍ヶ岳~五竜岳~唐松岳

夏山山行記録
 8/14(火)
扇沢 5:15 - 7:00 針の木雪渓出会い 7:15 - 9:15 針の木小屋 9:30 - 10:30 針の木岳 11:00 - 12:00 ズバリ岳 12:15 - 14:00 赤沢岳 14:20 - 16:00 新越山荘   計:10h45m (休憩なし標準コースタイム:10h)
  
 8/15(水) 
新越山荘 5:40 - 7:45 種池山荘 8:00 - 8:30 爺ヶ岳通過 - 9:30 冷池山荘 10:00 - 12:00 鹿島槍ヶ岳 南峰 12:10 - 14:10 キレット小屋   計:8h30m (休憩なし標準コースタイム:9h15m)  

 8/16(木) 
キレット小屋 5:45 - 9:00 五竜岳 10:00 - 10:40 五竜山荘 11:00 - 唐松岳頂上山荘 13:15   計:7h30m (休憩なし標準コースタイム:7h)

 8/17(金) 
唐松岳頂上山荘 6:00 - 7:45 八方池 7:50 - 8:40 八方池山荘 8:45- ゴンドラ駅 9:10 - 9:40 JR白馬駅  計:3h40m   
- JR:信濃大町 - バス:扇沢駅 - CAR:大町温泉郷 - 自宅 17:00

詳細
 8/13
 5:30自宅発-22:00扇沢着 
時間が早いので中央高速の豊科インターチェンジ前の松本で下りる。出たら左折、次の信号を左折すれば大町方面へ一直線。 扇沢駅の無料駐車場は満車、広い路肩に数台駐車しているので、そこに駐車。 蒸し暑い下界と違い山は涼しいっす。

 8/14
c0133096_11181155.jpg 4:30起床、まだ薄暗い空を見上げると雲ひとつない晴れ晴れ!(^o^)/

 扇沢駅にはもう数人の観光客がチケット売り場に並んでる。
駅左にある登山口に行くと、針の木山荘へ行く一人の登山者に会う。挨拶をして、5:15登山開始。 このコースは登山者が少なく静かな山旅ができそうです。

 大沢小屋を越え、約2時間で雪渓の取り付きに到着。 日本三大雪渓の一つですが白馬大雪渓と較べると広さ、長さともに小さい。 
陽射しが強くなり暑いが、雪溶け水の沢の音、雪渓を吹き下りてくる涼しい風が気持ちいい。
雪渓歩きは、日陰ではで氷が硬くなっている所があり、2本爪アイゼンがあれば安心です。
c0133096_14282698.jpg

c0133096_1662557.jpg雪渓の途中、水分とビタミンが補給できる『リンゴ』を食べていると、後から登ってきた女性に抜かれる、速い速い。

ただものじゃないね。

c0133096_1911911.jpg 針の木峠にある山荘に着くと目の前に遠く、槍ヶ岳が望める。来年はここから槍を目指そうか!。
 先程、抜かれた女性は蓮華岳へ向かった。縦走して槍まで行く模様。

 このコースは烏帽子岳まで、登降坂が多く登山者が非常に少ない健脚向けのコースなのだ。
      
      手前の尾根は烏帽子岳への縦走路、 遠くに穂高、槍ヶ岳を望む
c0133096_1418236.jpg

 針の木岳をバックに
c0133096_14335150.jpg

明日、登頂する鹿島槍が遠くに小さく見える。 結構遠い~ねぇ。  写真の右端の尾根の向こうに見える頂が鹿島槍ヶ岳、その下の尾根の鞍部に今晩泊まる新越山荘、遠いっす(>_<)  昼間は山も暑いっす!
c0133096_18555442.jpg

 雲ひとつない暑い中、1時間さらに登って、針の木岳に到着。 山頂には昨晩、針の木山荘に泊まった方々など十数人ほど。  ここは展望がすばらしいのでパノラマ写真を撮る。

       高瀬ダム湖と槍ヶ岳方面
c0133096_23204334.jpg

           水晶、黒部五郎岳方面
c0133096_23223691.jpg

          薬師岳方面
c0133096_23232487.jpg

            五色ヶ平、黒部湖
c0133096_23235866.jpg

    最後は、立山、剣岳、黒部湖。  湖が涼しげ。湖には遊覧船が
c0133096_23243827.jpg

 この先はズバリ岳、赤沢岳、鳴沢岳を越える長旅です。 
           針の木岳を振り返る
c0133096_23342870.jpg

 これから登るズバリ岳を望む。 いつもは午後になるとガスが沸いて陽射しをさえぎり涼しくなりますが、今日はガスが沸いてこない。 景色はいいが暑い暑い、汗びっしょりっす。
c0133096_1171232.jpg

12:00ズバリ岳に到着。赤沢岳とガスの
鳴沢岳その奥に今晩のお宿。 まだまだ遠い!     赤沢岳の手前から剣岳
c0133096_15511957.jpgc0133096_15513648.jpg

c0133096_15543227.jpg 14:00ぐったりしながら赤沢岳に着く。 
冷池小屋から来たテントを背負った若い女性が、次のテント場の針の木山荘では暗くなるので、途中ビバークすると言う。
 細身の女性でテント持ちとは大した根性と体力だ!。

c0133096_15584940.jpg 新越山荘に予定より1時間以上遅れて、16:00到着。 暑さにやられました。 (>_<)
小屋は意外と混んでいましたが、一人一畳使えゆったり、夕食もおいしく食べられました。メニューは御覧の通りです。

※先日の問題(山で携帯の電池が一日しかもたないのは何故か?)の回答。
・山では圏外が多く、圏外だと頻繁に電波を出して位置確認しますので、電池が消耗する。 山では通信する時以外は電源を切っておきましょう。 今回は切らず、一日で電源が終了しちゃいました。(>_<)

d0089111_22113787.gif←ポチ頼みます。 
by takatakabike2 | 2007-08-19 10:33 | 登山 | Comments(0)