10/27 第3回 渥美半島ぐる輪サイクリング 詳報(10/21)

 1週間遅れですが先週のツーリング記録を報告します。 

 昨夜、ちょっと興奮して眠れず寝坊です。朝5:20まだ薄暗い中、自宅を出発。 こりゃ受付時間に間に合わないね。受付は7:00~8:00 開会式8:00~8:30 スタート8:30 なので、スタートまでには間に合うでしょう。 
 
 今回は自転車用に購入したNAVI 『mio』 を連れて行く。 今時マイカーにNAVIが着いていません、次回新車まで付けないと決めているのだ。 NAVIに助けられ迷わず、スタートぎりぎりの8:20に白谷海浜公園に到着。 大勢の方がもうスタートラインに並んでる、ちょっと焦るなぁ。 フェニックスが南国を思わせる。

c0133096_15321144.jpgc0133096_15323585.jpg

 あわてて準備して、8:45スタート。 蔵王山までは隊列を組んで快適な湾岸道路を走っていきます。 大きな風力発電機が沢山並んでます、風が強いところなんでね。 今日は強風注意報が出てた、先の海岸線が・・・ (^。^;) 追い風を祈る。 
 50分ほど田舎道を走ったところで、250mの蔵王山の登りが始まった。

c0133096_1684268.jpgc0133096_1685981.jpg

 途中、何人かに倍の速さで抜かれ、馬力の差を見せつけられました。 
c0133096_16345079.jpgこれから毎週末、山錬するぞ! ・・・ と、一瞬思う (>_<)

 傾斜がきつい、暑い、汗だらだらの中、30分かけ蔵王山に10:00到着。 
ここのチェックポイントでは、カロリーメイトとアミノ500ccの補給を受け、ここでゆっくり休憩。
  
  晴天の遠州灘が綺麗です。
c0133096_16191066.jpg
 
 反対側の三河湾はパノラマ写真にしました。
c0133096_16231556.jpg

 風車が大きい。
c0133096_165516.jpg

 山頂からの急坂を慎重に下り、一度、スタートの三河湾側の白谷海浜公園に戻り、今度は半島横断の登りをして、遠州灘の海岸へ行く。 登り下りの連続でしごかれ、やっと平地を30km/hオーバーの高速巡航で気持ち良く突っ走る (^o^)/ 

c0133096_17181891.jpgc0133096_17184510.jpg

 突然、坂の向こうに海が・・・ 海岸に着いた、感激です!
c0133096_1722243.jpg

 11:20 海岸のチェックポイントで、バナナとチョコレートと お茶500ccの補給を受け、一息つく。 ここまで30km、全コースのまだ3分の1なのに2時間半もかかっている。14:00頃ゴール予定なんですが、ダメそう (>_<)

c0133096_17311960.jpgc0133096_17314043.jpg

 イギリスのドーバ海岸だったかなぁ?そそり立つ崖が続く海岸がありますよねぇ。 そのような風景が遠くまで続いています (イギリス行った事ありませんが)。  この景色はすばらしい! いいところですねぇ。
c0133096_1736556.jpg

 ここから伊良湖岬までは海岸線を走ります。 強い向かい風に悩まされ時速15km/hしか走れません。 海には大勢の若人男女がサーフィンを楽しんでいます。

c0133096_2132312.jpg
c0133096_183964.jpg

c0133096_2134287.jpg 左に砂浜の海岸線を望みながら向かい風を避けて皆で、じゅじゅ繋ぎで走る。 1時間走ると伊良湖ビューホテルが見えてきました。 
 先日の焼津ビューホテルと同じような海岸の高台に建ってる、チェーン店?


 伊良湖岬が見えてきました、絶景ポイントで記念撮影。 この浜は 『恋路ヶ浜』。

 名前の由来を調べると、昔、恋ゆえに都を追われた男女がいました。女はこの浜に、男は裏浜に人目をさけて住み、ふたりは逢瀬もままならないまま病に倒れ、お互いの名前を呼びながら亡くなりました。その女の心は女貝に、男の心はミル貝になったという伝説が、恋路ケ浜の由来です。

 また、更に調べると、民俗学者柳田國男が明治31年の夏、伊良湖に1か月余り滞在したとき拾った椰子の実の話を、親友の島崎藤村に語ったところ、それが素材となって椰子の実の叙情詩「名も知らぬ遠き島より流れよる椰子の実ひとつ・・・」が生まれました。
 昭和11年、大中寅二によって作曲され、国民歌謡として全国に放送されました。
c0133096_21464091.jpg

 伊良湖岬の最後のチェックポイントに13:20到着、みかんと水500ccの補給を受ける。 向かい風の中、2時間走り体力の消耗が激しいっす、岬を回って反転するからこれからの追い風を期待。
 岬を回ると、日本離れした白い洒落たホテルがあったので写真に撮りました。伊良湖ガーデンホテルです。
c0133096_2273558.jpgc0133096_228170.jpg

 今回のチェックポイントでは、水分は十分あるのですが(ペットボトル500cc 4本はいりません)、昼食が付いていないので食料が足りません。 水はいいからオムスビがほしい、途中のコンビで補給しました。
 追い風と期待したが・・・ なんとさっきより厳しい向かい風! 波しぶきがかかるし、半そで半パンは寒かった。 時速10km/h、根性で漕ぐ漕ぐ漕ぐ!。
c0133096_22215376.jpgc0133096_2222141.jpg

 海岸コースは5kmほどで、内陸へ替わり「ほっと一息」。30km/h以上の巡航でゴールまで突っ走ることができた。

 15:10やっとゴールです、7時間かかりました。 浜名湖一周86kmは6時間だったので、今日は強風で厳しいかったですね。 でも天気が良く、秋のツーリングを楽しめました。 渥美半島はい~ところでした。 観光案内を覗くと、夕陽もすばらしそう!

 伊良湖岬の売店名物、焼き大ハマグリを食べ損なったのが心残り (^。^;)

 渥美半島(田原市)の観光案内は、→ こちら

d0089111_22113787.gif←ポチ頼みます。
by takatakabike2 | 2007-10-27 20:14 | 自転車 | Comments(0)