11/12 第四回 森町ツーリングデイ 満足

d0089111_043799.jpg 朝5:00に起きて出発です、天気はいいけど風が強く向かい風が厳しそう!。道路が空いていたので、8:00に集合場所の「アクティ森」に余裕で到着。
d0089111_0451832.jpg
すでに100台ぐらいの車が集まっています。参加者はロードバイク、MTB合わせて、およそ200人ほどか、アットホームな大会です。

 午前中は9:00スタートで金剛院まで、20kmの距離を標高700mまで登る。 中間のチェックポイントに、18世紀後半に建てられた農家が保存されていました。急ぐ旅でもないので説明文を読むと、代々庄屋を務めた友田家は当時の建築様式が残されており、20年前に国と町が6000万円をかけ建設当初の姿に復元したとのことです。
d0089111_0534335.jpg


d0089111_0532038.jpg


d0089111_056976.jpg
d0089111_0594954.jpg

写真を撮ったりして、最後尾で出発。 d0089111_154953.jpg
ここの林道も車がほとんど通らないのに、立派な道路とトンネルと橋です、もったいな~い。
d0089111_1111581.jpg





紅葉はちょっと早いですね、坂をどんどん登って行きます。

登りのゴールは718年開創の金剛院。そこまでの登りは急登で歩いて押し上げです。クリートカバーが早速、役立ちました。
d0089111_1253556.jpg

山門にはこんな田舎の山奥に似合わず、なんと二体の仁王像が鎮座しています。
d0089111_1322993.jpg
d0089111_131424.jpg

説明文をまた読むと、天保8年(1838年)築造の山門を建てた大工は相当な腕自慢で、わざと天井を張らず小屋組の美しさを見せている。確かに複雑な立派な木組みです。
d0089111_1383327.jpg

本殿は残念ながら時間の関係で見に行くことができませんでした。なんせ、ビリグループですから、11:00着。 一休みして参加者の自転車を覗いていると、珍しい車がありました。名前はリカペントでしたっけ?寝そべった姿勢で乗るタイプ。下りはいいけど登りは頭に血が昇りそうですね。でも、私より早かったよ。
d0089111_1434959.jpg
 

d0089111_1461929.jpg
レーパン履いた若い女性2人組もなんとか棄権せずに昇ってきました。 最後尾になる前に11:30に復路スタート、でも下りは苦手で私の安全速度では、次々と抜かれ、最後には例の女性2人組にも抜かれた~。でも途中の登りで必死に抜き返しましたが。

 「アクティ森」には12:30に戻る。午後の田園ポタリングコースのスタートは13:00なので、急いで配られた昼飯(おにぎり2ヶ、おでんセット、豚汁)を済ませ、13:00スタート。最初のチェックポイントは天竜浜名湖線の遠州森駅、懐かしい郵便ポストがありました。
d0089111_1474139.jpg

 次は小国神社です、七五三で賑わっている境内を場違いなレーパン姿で歩き、お賽銭を・・・あっサイフ忘れてる・・・写真で済ます。
d0089111_1492428.jpg
 

d0089111_1495745.jpg


d0089111_1502087.jpg

大きな切り株は20年前の台風で倒れた樹齢1000年の杉の木です。
d0089111_1505148.jpg

 寄り道する人は少なく、最後尾になって急いで、次の大洞院へ向かう。途中、小学生の子供連れ親子が急坂を兄弟で励ましあって登っていく、がんばれー。 大洞院は応永18年(1411年)、時の将軍足利義持公が怒仲天闇禅師の高徳を慕い帰依し、創建した禅寺で、曹洞宗屈指の名刹です。
d0089111_1522568.jpg


d0089111_1524348.jpg

ここには清水次郎長の子分、森の石松のお墓があります、森町の生まれだったんですね。賭け事をやる人が墓石を削り取って、今の墓は何代目かのものだそうです。
d0089111_153741.jpg

15:00に無事、スタート地点に戻りました。 今日は天気良く、晩秋の一日を楽しく遊ばせてもらいました。主催者の皆様、大変御苦労様でした。また来年も参加したいと思います。その時はあの坂を歩かずに、自転車で登りきりたいのでFRギアをコンパクトドライブへ変えないとね!。

d0089111_22113787.gif←ポチお願いします。
by takatakabike2 | 2006-11-12 21:04 | 自転車 | Comments(0)