1/12 戸田ツーリング (1/3報告)

 今日は一日、しとしと雨。 寒気が南下し、低気圧が太平洋岸を北上して関東北部では雪になるという。 午前中、床屋へ行きホームページの話で盛り上がり、添付する写真が綺麗に載らない。 画素数が少ないのか、一眼レフだと綺麗だとか、結局、ズバリの回答がわからなかった。

 やっと風邪が抜けたので、1/3の戸田ツーリングの報告をします。

 1/3、風も無く晴天、絶好のツーリング日和。 9:30に出発。
   静かなお正月です。 ビルの谷間に真っ白な富士山が。
c0133096_23591265.jpg

   東郷の海岸も抜群の景色でした。 遠く南アルプスの白い峰が見えます。
c0133096_064276.jpg

 この堤防には、広重の東海道五十三次のタイルが埋め込まれています。 雪の蒲原と天狗面を背負った旅人の沼津を撮ってみました。
c0133096_07996.jpgc0133096_073995.jpg

 西海岸だから山の陰で天気はいいけど、陽射しが全く無い道を獅子浜、三津、西浦と通過。霜が積もって真っ白な道を震えながら漕ぐ、寒~い。 (>_<)
 天気がいいから暖かいという予想と、後半の登りで大汗かくのもイヤなので、アンダーシャツは冬物じゃ無く、薄着一枚。 それが失敗でした、道はほとんどが山の陰で、寒いのなんのって。 
途中、4人のローディーに抜かれました。 皆さん、戸田往復トレーニングですか~。

 やっと陽射しが当たる江梨まで来ました。
沼津アルプス連山が一望です。 左から香貫山、横山、象山、鷲頭山、大平山
c0133096_0135961.jpg

 11:20 吟道の碑の丘へ登り、大瀬崎と駿河湾、富士を撮ってきました。
c0133096_0252214.jpg

c0133096_0373835.jpg 標高300mの山を越えトンネルを抜け、ここは真ん中あたりが真っ暗で、ライト必須、コケそうになった。 抜けると井田が眼下に見えてくる。 やっと登ったのに200mぐらい下り、戸田へ向かう。 上り下りが激しいっす。

 下りきるとまた、登り返して、12:00になったので展望台で休憩する。

 展望台だけのことはある、ここも景色は抜群。
c0133096_0364099.jpg

 人物なしの方が綺麗です。 愛車と富士。
c0133096_13375664.jpg

 遠くの南アルプスを拡大して、左から茶臼、上河内岳、その隣が台形状の聖岳、次は赤石岳、そこから単独峰の塩見岳。 写真に写っていませんが右側に、農鳥、間の岳、北岳、甲斐駒ケ岳。
今年は、塩見岳から赤石岳、聖岳の縦走をやるぞ!! (^_^)v
c0133096_12335872.jpg

 どーんと富士山 (^o^)/
c0133096_12345582.jpg

 この展望台の岬は、日当たりが良くて景色抜群、目の前は海。 お墓にはいい場所ですね。昔の人もそう思ったんでしょう。 この岬には井田松江古墳群が見つかってます。
 眼下の井田には、もうお花畑が・・・花文字で井田とは洒落てますね。
c0133096_12385426.jpgc0133096_12393642.jpg

c0133096_12533565.jpg 14:30 やっと戻って、大瀬崎を振り返る。 寒さと疲れでぐったり、風邪が悪化したようです、喉が痛いっす。

d0089111_22113787.gif←ポチ頼みます。
by takatakabike2 | 2008-01-12 23:41 | 自転車 | Comments(0)