4/12 弘法の湯

 今日は朝からしとしと雨と曇り空。 新しい湯治湯として伊豆長岡温泉に4年前にオープンした「弘法の湯」に行ってきました。 自宅から車で30分ほどなので、気軽に行けます。自転車でもね。 今日はまだ2週間前の尾骶骨が痛いので車。
 なかなか痛みが引きません、どうしたんだろう・・・。 連休が近づいて来たので、あせります。
  
c0133096_9375519.jpg 昨年オープンした新館は料金が高いので、古奈の旧館にする。 3時間でタオルと浴衣(岩盤浴用)付で1000円。 売りは、源泉かけ流しの伊豆長岡温泉は当然ですが、「北投石」「バード・ガスタイン鉱石」を配した岩盤浴、ラドン・ラジウム効果があるミストサウナとラドンの湯。

c0133096_9331511.jpg 岩盤浴は温泉水で39℃~42に温めた御影石ベッドと、床面に埋め込んだオーストリア産のバード・ガスタイン鉱石(昔、坑道で働いていた人の体調が良くなったことから有名に)、そして有名な秋田県玉川温泉の北投石に通した温泉水で、湿度68%~75%に加湿したとても贅沢な天然ラドン岩盤浴、ただ石を温めただけの岩盤浴とはレベルが違う。

c0133096_9341884.jpg ミストサウナは、御影石のベット、バード・ガスタイン鉱石の床面と天井からは北投石に浸した多量の温泉水を噴射している非常に贅沢な施設。
低温(38℃~41℃)サウナですので体への負担は小さく、ラドン・ラジウムの効果で驚くほどの発汗があります。
このミストサウナという方法が、体内に最も天然ラジウムを取り込みやすい方法であるという説もある。

c0133096_9344155.jpg ラドンの湯は、吐湯口から出ているお湯は循環を一切させていない掛け流し、温泉吐湯口の下にあるステンレスのケースの中に北投石が入っております。 石からお湯の中にラジウムが溶けだし、浴室内空気にも気化したラドンが充満。お湯の温度は38.5℃~40℃のぬるめ。

 さすが伊豆長岡温泉、近所の温泉とは違います。 湯はぬめりがあり、少し入っただけで体がほっかほっか。 ミストサウナは、目や口に直接入ってきて、特に疲れ目は最初、ぴりぴり痛かったがその後、快調に。 岩盤浴は15分ぐらいで汗がどくどく出てきて、体も温まり血液の循環が良くなってきた感じが。 出たり入ったりして2時間、心と体がリフレッシュしました。 

 帰りの車の中でも体が暑く、じわーっと汗がでてきます。 
Commented at 2008-04-13 22:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by takatakabike2 | 2008-04-12 23:20 | 諸々 | Comments(1)