カテゴリ:登山( 182 )

c0133096_20211748.jpg琵琶湖近くで百名山というと御在所岳、伊吹山、荒島岳。
先の2山は登っているので福井県の「荒島岳 1523m」にした。

昨日の琵琶湖一周の疲れがあるので、ゆっくり登りました。

ここは登山道の傾斜が急な山ですが、山頂から見る景色は360度の大展望!
特に「白山連峰」が真正面。流石は百名山の山でした。
遠くから来た甲斐があった (^^)/

Start(340m)7:45-3h30-11:15荒島岳(1523m)11:50-2h25-14:15Goal

行程:6時間30分  標高差:1183m  コース

=================

福井のホテル5:00起床、6:00出-7:15勝原(かどはら)登山口着。 ここはスキー場の跡地でまあまあ綺麗なトイレもあります。

7:40 Start 天気はいいし日曜なので登山者も多目。最初はスキー場跡の舗装路を登ります。
c0133096_19464148.jpg

「トトロの木」だって。 宮崎監督の映画だよね。わかる人にはわかるのでしょう。
c0133096_19584848.jpg

花も綺麗でした。
c0133096_20040493.jpg

2時間登ると、残雪が出てきました。 標高は低いけど流石は北陸の山です。
c0133096_20265855.jpg

2時間半で、小荒川岳との分岐「シャクナゲ平」に出る。 ここから少し下りてから急登が始まる。
c0133096_20285541.jpg

途中、名峰「白山」が望めます (^^)/
c0133096_20310499.jpg

下界の大野市もはっきり見えます。 このあたりは「もちかべ」と言うらしく、壁のような急坂を登ります。
c0133096_20333542.jpg

頂上付近にはかなりの残雪が残っていますが、地元の方はスパッツ付けず、長靴やスニーカーで登って行きます。 流石は雪国の方々です。 まあ、暖かいので濡れても寒くはないが  (^^
c0133096_20372814.jpg

頂上直下で振り返り
c0133096_20383353.jpg

11:15 山頂です。 
360度の展望が素晴らしい。標高が低いのに百名山に選ばれた理由がわかった気がする。 遠く御嶽山や乗鞍岳も見えるらしいが、今日は少しモヤっていて無理。
c0133096_19170179.jpg


「白山連峰」の山名と写真がありました。 よくも風雨雪に耐えてるな (@@
c0133096_20442126.jpg

立派な方位盤があります
c0133096_17565983.jpg

登山中に抜かれた引率の先生一人と20人ぐらいの高校生は、水も食糧も持たずに登ってました。 ちょっと、近所の小山をひと登りって感じでしょうか! 若さだな。
c0133096_20485946.jpg

騒いで雪合戦やってるし。
c0133096_20474008.jpg

山頂から西側
c0133096_20493876.jpg

南側。 伊吹山が見えるらしいが。。。 無理
c0133096_20495032.jpg

11:50 下山します。
c0133096_20544439.jpg

白山の眺望がいい「白山ベンチ」で一服。 
下りは疲労した脚に堪えるが、今日は一日中晴天で気持ちがいい (^^
c0133096_20564448.jpg

もうすぐ
c0133096_21030742.jpg

14:14 登山口に到着。下がって来ると暑い暑い。 今日も25℃超えかな。
c0133096_21044734.jpg

帰りに、Oさんと待ち合わせた「勝原駅」は、たくさんの桜が満開だった。
観光の車と人で、小さな田舎の駅は大混雑
c0133096_21072881.jpg
c0133096_21074469.jpg
人気ブログランキングへ  ←  ポチ宜しく
by takatakabike2 | 2014-04-28 19:34 | 登山 | Comments(0)

今日は半年ぶりに登山してきました。 
5月連休の本格登山に備えて体を慣らしておかないと。 去年10月の八ヶ岳(赤岳・阿弥陀岳)から半年、なまった体にはいいトレーニングになった。

沼津アルプスは標高が一番高い鷲頭山でも392m と低山だが、起伏が激しく坂をロープを伝って歩くところもあるから、ちょっとハード。 でも景色は最高だよ。

8:00香貫山中腹ー横山ー9:45徳倉山ー志下山ー前鷲頭山ー11:00鷲頭山11:15ー(往復)ー14:00香貫山中腹 (6時間)

 詳細コース  最大標高差:374m  累積標高差:1180m  距離:13.1km

======================

8:00香貫山中腹の駐車場をスタート。  

まず最初のピーク香貫山へ。 横山、徳倉山、志下山、鷲頭山が良く見える。
c0133096_19304975.jpg
c0133096_19312460.jpg

山頂の公園の桜が満開だった
c0133096_19340036.jpg

二つ目のピーク横山の登山口。 ここからピークまで急坂が続く
c0133096_19355687.jpg

三つ目のピーク徳倉山
c0133096_19381654.jpg

途中、銃を担いだ地元の猟友会3人が登ってきた。 イノシシ狩りだという。 確かに土を掘り起こした痕や木をかじった痕が結構ありました。かなり増えている模様。 でも登山者が多いこんなところで撃たれても困る (@@
c0133096_19444817.jpg

見晴らしの良い「千金岩」に着くと、中高年の団体が大声で談笑していた。年老いても山からパワーもらって元気になるのかな?!
c0133096_19550745.jpg

志下山のこの辺りからは、綺麗な海岸線が見渡せる。
c0133096_19571114.jpg

今日は8人のトレランの方に追い抜かれた。 年を追うごとに増殖している。
c0133096_21095067.jpg
c0133096_21123038.jpg

鷲頭山に到着。 凄い賑わい、ほとんどが中高年の団体さん。 隅っこで昼飯をとり15分あまりで、そそくさと退散。

11:15 香貫山へ戻る。
c0133096_21164246.jpg
c0133096_21165048.jpg

14:00 香貫山にGOAL 
行きは3時間、帰りは下り気味なのに疲労で2時間45分もかかった。

今日はいいトレーニングになりました。 できればスカット晴れてほしかったが。。。

人気ブログランキングへ  ←  ポチ宜しく

by takatakabike2 | 2014-04-13 20:43 | 登山 | Comments(0)

週間天気予報では曇りでしたが、当日はピッカーンの晴天で本当にラッキーでした。 赤岳までの稜線は風が強く吹き飛ばれそうでしたが、赤岳を過ぎると止んで、快適な稜線歩きを堪能しました ♪♪
c0133096_13102461.jpg
今回は会社の同僚二人と一緒です。 皆さん最後まで元気で、少なかったけど紅葉も綺麗でした。

八ヶ岳 (赤岳2899m ・ 阿弥陀岳2805m) コース

累積標高:1400m、 コースタイム:8h
実動 7:00発-17:00着 10h

ゆっくり登って下ったので最後まで疲れは出ず ♪♪

  赤岳山荘-行者小屋-(地蔵尾根)-赤岳-中岳-阿弥陀岳-行者小屋-赤岳山荘

============================

まだ暗い3:40 自宅発 = 6:40 赤岳山荘着 (標高1680m)

ラッキーなlことに駐車場が満杯直前でした。 年々満杯になる時間が早まってるそうです。

7:00 スタート   行者小屋までは2時間、この辺りは紅葉する落葉広葉樹が少ない
c0133096_187436.jpg

沢沿いと苔むした樹林帯の緩い登りを歩く。 ダケカンバと苔の林は写真以上に神秘的で綺麗
c0133096_1330949.jpg

初心者がいるのでゆっくり歩いて2時間、横岳の稜線が見えてきた。 晴天です ♪♪
c0133096_13332543.jpg

行者小屋  (標高2350m)
ここまで傾斜は緩いが標高差650mを登ってきた。 ここからは急登、でもあと550mです。
c0133096_13362996.jpg

地蔵尾根の急登を階段や鎖を使って稜線に出ると、もの凄い風と寒さ!!

北には横岳、快晴です。 
c0133096_1341456.jpg

南には赤岳、中岳、阿弥陀岳の稜線
c0133096_85454.jpg

赤岳の左には富士山がくっきり (^^   富士山が見えると何故か、ほっとする
c0133096_13442490.jpg

一旦、風を避けて赤岳展望荘で寒さ対策と休憩。 
皆さん昼飯はコンロ持参でラーメンの予定でしたが、この風では無理。 小屋で 「牛丼」 を食べ元気をつける、美味い! 

11:50 赤岳 2899m山頂  強風で寒いが360度の展望で、みんな笑顔 (^^
c0133096_1359053.jpg

西に、阿弥陀岳と諏訪湖
c0133096_141069.jpg

南に、権現岳と南アルプス
c0133096_142836.jpg

東に、野辺山辺りと真教寺尾根。  あれ? 野辺山の大きなパラボラアンテナが見えない。。。
c0133096_14414.jpg

北に、横岳、硫黄岳、北八ヶ岳
c0133096_1417711.jpg

風が強いので10分の滞在で退散 (^^;
c0133096_14175732.jpg

降りると、風は弱まって快適な下山
c0133096_14221136.jpg

これから向う中岳、阿弥陀岳
c0133096_9183238.jpg

阿弥陀岳の登りは急登。 フリークライミングの様に岩を掴みながらの登りで面白い

あっと言う間に、阿弥陀岳 2805m 山頂から赤岳を望む。 風がなく暖か
c0133096_971263.jpg

3人で記念撮影
c0133096_14343637.jpg

赤岳から横岳の稜線
c0133096_9151541.jpg

手前は、美濃戸口から阿弥陀岳に至るコース。 奥は権現岳
c0133096_14313564.jpg

15:00 行者小屋に戻って。 
モンベルテントが花盛り、ここをベースに阿弥陀、赤岳、硫黄と登るんでしょう。
c0133096_10424721.jpg
c0133096_1437157.jpg

17:00 赤岳山荘に到着。 
今日はお洒落な若人が多かったなぁ。  八ヶ岳は高速ICから近いし、3000m近くまで上がれるから人気ですね。

ゆっくり登って下ったので、それほど疲労はありませんでした (^^

帰りはいつもの 「ゆ~とろん水神の湯」 でまったり過ごして帰宅。 ここは名前通りの 「とろん」 としたお湯です。 

人気ブログランキングへ  ←  ポチ宜しく
by takatakabike2 | 2013-10-13 14:38 | 登山 | Comments(0)

今年の夏は台風が来なくて晴天の猛暑日が続いていますが、登山には絶好の夏です。 休み前半は海で、肩と背中を焼いてしまい、後半に夏山へ行って来ました!

c0133096_145406.jpg山域は色々迷いましたが、5年振りに薬師岳~立山方面の縦走です。

連日の晴天で、たくさんの登山者の笑顔に会えました。 休み後半だったので、前半からテント泊一週間(槍~立山)の若人猛者数人と抜きつ抜かれつ、山に若人が戻ってきたかな。

今回、朝飯は弁当にして暗い中を歩き始め、夜明けの山並みの美しさと、鳥のさえずりを聞きながら涼しさの中を歩けました。 最高でしたぁー (^^)/

コースは、こちら
c0133096_23365514.jpg

================================

●8/13(火) 前日

登山口の折立まで自宅から320kmあるのと、有料の有峰林道のゲートが20:00に閉まるので、13:00に出発。 中央高速の松本出口前のPAで30分ほど、通勤割引(17:00~20:00)の時間調整。でもこの後、ゲート閉鎖時間を気にして焦って走ることに。。。 
余裕を持って行動しましょう (^^;

なんとかゲート時間に間に合いました。 折立の駐車場は例年通り満杯ですが、片側路上駐車OKなので問題ありません。 夜中に入って来る車両がなくて静寂の中、ぐっすり眠れました (^^


●8/14(水) 一日目

 折立-太郎平-薬師平-薬師山荘 (コースタイム:7h、 実タイム:6h)

今日は新築の薬師山荘まで7hなので、ゆっくり出ればいいが、涼しい早朝5:00発。
c0133096_11141038.jpg

2時間登って、剣岳、立山がくっきり。 遠いな
c0133096_21045130.jpg

でかい薬師岳が見えて来ました
c0133096_18244671.jpg

雄大な尾根に、続く登山道
c0133096_18305916.jpg

9:00 太郎平に到着。 コースタイム5hを1h短縮。
c0133096_18585242.jpg

薬師岳
c0133096_1842122.jpg

左から、水晶岳、雲の平、鷲羽岳、三俣蓮華岳、黒部五郎岳
c0133096_1857746.jpg
c0133096_13045819.jpg

1時間登って、薬師平から太郎山と黒部五郎岳
c0133096_1995812.jpg

薬師への道
c0133096_19114426.jpg

11:00 薬師山荘に到着。 ここから山頂までは1時間
c0133096_22442888.jpg

小屋からの展望
c0133096_9213587.jpg

夕食17:00まで6時間は長~かったけど、新築の小屋でまったりできました。


●8/15(木) 二日目

 薬師山荘-薬師岳-北薬師岳-スゴ小屋-スゴの頭-越後沢岳-鳶山-五色ヶ原
 (コースタイム:9h30、 実タイム:10h30)

3:30起床、あまり眠れなかった。1時間おきに起きて。。。
4:00発、30分歩くと明るくなりはじめ、4:50薬師岳に着くが完全にガスの中なので通過。 途中、ソロのテント持ち山女子に会う。夜中の2:00にテント場を出てきたって (@@

6:10 北薬師岳に到着、ガスが晴れてきた。 薬師岳と薬師谷カールが素晴らしい (^^
c0133096_19250857.jpg

ここで、トレランの6人組に会いました。 聞くと、今日は立山の一ノ越小屋から双六小屋まで、明日は槍を通って表銀座コースの燕岳、中房温泉へ下りるそうです。 驚異的!!

北薬師を振り返る。
c0133096_2035232.jpg

これから行くコースが良く見渡せる。 スゴの頭、越中沢岳、鳶山、立山、剣岳。 今日のゴールの五色ヶ原山荘は鳶山の向こう。 まだまだ遠い!
c0133096_20275051.jpg

高山植物も花盛りでした
c0133096_20451636.jpg

8:00 間山 着。 来た道を振り返る。
c0133096_2054739.jpg

スゴ小屋までもう少し
c0133096_21103344.jpg
c0133096_2159721.jpg

9:00 スゴ小屋 着
コースタイム+1h余計にかかる。 五色ヶ原からの縦走者もここで休憩、この先のスゴの頭の登りはスゴいと脅かされる (^^; 
  
小屋からはスゴの頭と越中沢岳がそびえ、「桃缶」買って元気をつけるが、カロリーオフって。。。
c0133096_2146108.jpg

10:30 スゴの頭 着
樹林帯で風が無く急峻な登りは堪えました (><)  周りの登山者も厳しい!の連呼
ここは、最低鞍部のスゴ乗越から薬師岳までが見渡せる。 結構歩きました!
c0133096_2225429.jpg

この先の越中沢岳も圧倒される急峻な登り (@@
c0133096_22285173.jpg

12:30 越中沢岳 着
登りはキツかったけど、途中からガスに覆われ涼しくてラッキーでした (^^
c0133096_047146.jpg

五色ヶ原に着いて木道を歩く。 晴れていれば、もっと素晴らしい景色でしたが。。。
c0133096_2238333.jpg

14:30 五色ヶ原山荘に到着。  ここは水が豊富で沸かし湯の湯船があり、汗を流せる (^^
c0133096_2241349.jpg



●8/16(金) 三日目

 五色ヶ原山荘-ザラ峠-獅子岳-龍王岳-室堂山-室堂 
 (コースタイム:5h30、 実タイム:5h20)

3:15起床、昨晩も1時間おきに起きてよく眠れなかった (><)
3:40発。 今日は折立へ早朝以外で唯一のバス便(室堂9:20発)に間に合えば、立山に登らず帰宅。 間に合わなければ立山に登り、雷鳥荘に宿泊して翌日帰宅する予定。 だから制限時間は5h40分

小屋で一番の出発、夜空には満天の星です。 念のため熊避けの「鈴」を初めて着ける。 

コースタイムどおり、45分で歴史に名を残す鞍部の 「ザラ峠」に着く。

対面の獅子岳の斜面を2つの灯りが降りてくる。 あちらも早出です。そのうち合流すると思っていたが、一本道なのに合流しなかった?! 途中の廃道を行ったのか、休憩していたのを気づかなかったのか???
c0133096_108562.jpg
後から来る方のヘッドライトが点々と見えて、今この山に何人が登っているか一目瞭然。 朝は力が出ず獅子岳の登りでテント持ちの若人に抜かれる。

5:00 空が茜色に染まり、昨晩宿泊した五色ヶ原、薬師岳、裏銀座の山々が浮かぶ。
 ※クリックで拡大
c0133096_23251380.jpg

6:00 獅子岳に到着。
コースタイム2hが2h20かかる。 これではバス時間に間に合わないからゆっくり行く事に。
これから登る鬼岳、竜王岳と立山。 鬼岳は巻いていきます。
c0133096_2349075.jpg

鬼岳から獅子岳を振り返る
c0133096_23583837.jpg

7:40 龍王岳に到着
後半調子が上がってコースタイム2h30を1h40に短縮。 テント持ちの若人数人に抜かれましたが。。。 これで、バス時間に間に合うので室堂へ下ります。

フィナーレから歩いてきた縦走路を振り返る。 よく歩きました (^^)/
c0133096_045713.jpg

立山三山の一つ浄土山 着。 他の三山の立山、別山と、剣岳を眺める。 ここから室堂へ下る。
c0133096_011377.jpg

室堂バスタ―ミナル、奥は奥大日岳、中大日岳、大日岳
c0133096_0194112.jpg

別山、真砂岳
c0133096_022586.jpg

9:00 室堂着。 
9:20室堂バス発=10:20着 立山駅 10:35発=10:47着 有明口駅
c0133096_1018486.jpg

有峰駅口駅の駅舎には 「小澤駅」と書かれたレトロな駅舎。 右書きだから戦前?!
富山も暑いです。 待ち時間に富山名物 「ますの寿し」 を食す 
c0133096_1026034.jpg

11:30 有明口駅バス発=12:30折立着

今年の夏山が終わりました。 連日の晴天の中、雄大な景色とテント持ちの若人に会って、沢山の元気をもらいました。

人気ブログランキングへ  ←  ポチ宜しく
by takatakabike2 | 2013-08-17 23:43 | 登山 | Comments(0)

4:00 小屋発
4:50 薬師岳山頂 ガスの中 (ToT)
5:30 北薬師岳山頂でガスが晴れる (^o^)/
8:30 スゴ小屋 コースタイムを1時間余計にかかる
11:15 スゴの頭 暑くて風がなく、厳しい登りでした。
14:35 五色ヶ原山荘着                    ~携帯
c0133096_14351349.jpg

by takatakabike2 | 2013-08-16 11:13 | 登山 | Comments(2)

晴天!

5:00 折立発
9:00 太郎平着
11:15 薬師山荘着
早いが、今日はここまで。
夕飯の17:00まで長〜い。この小屋は一昨年に新築したので綺麗で、すごしやすい ~携帯
c0133096_1437477.jpg
c0133096_14372344.jpg

by takatakabike2 | 2013-08-16 10:46 | 登山 | Comments(0)

8/12(月) 夏山

今日はメガネレンズのコーティングが剥がれて見にくかったので、メガネ屋でレンズだけ新品にする予定でした。 ついでに250円で「耳のつるカバー」も新品に替えてもらったが、店員がフレームを折ってしまった!
そんな訳で、新品の流行りのフレームが無料で手に入りました(同じものは製造中止でした)。 折れたフレームは気に入っていたので、運が悪かったのか良かったのか。。。   

海水浴の日焼けのヒリヒリがやっと収まり、明日は「薬師岳の登山口 折立」へ出発できそう。

登山口は昨年と一緒ですが昨年は天気が悪く「薬師岳日帰り」でした。 今年は晴天続きなので3泊4日の計画にしました。

 1日目 : 折立~太郎平~薬師小屋 7h
 2日目 : ~薬師岳~スゴ乗越~越中沢岳~五色ヶ原山荘 9h40
 3日目 : ~ザラ峠~立山~別山~雷鳥荘 8h10
 4日目 : ~室堂 0.5h  室堂ターミナル=立山駅=有峰口駅=折立

 5年前に剣岳を追加して5日で縦走しました。 この山脈は立山まで下山のエスケープルートがありません。

山深い大きな山脈を縦走するので、ダイナミックな景色が待っています (^^

3日目 獅子岳から、歩いてきた五色ヶ原、薬師岳、遠くに雲の平、黒部五郎岳、笠ヶ岳
c0133096_931119.jpg

人気ブログランキングへ  ←  ポチ宜しく
by takatakabike2 | 2013-08-12 18:29 | 登山 | Comments(0)

曇りの天気予報に反し、高層に ”うろこ雲” があった程度の快晴の一日!! 
最高の登山日和でしたが、累積の登山標高差が2200mもあって、かなり厳しい長時間(凡そ14h)の登降となりました。

c0133096_20343590.jpg白馬岳の大雪渓は去年登った9月と違って、残雪が十分に残り雪渓を直登する事ができ、稜線の高山植物も花盛りでした。
大きな青空、遠くに続く稜線、涼しい雪渓、お花畑と、夏山をしっかり楽しませてもらいました (^^)/

山は以外にも若い山ボーイ、山ガールで溢れていました。 流石、白馬岳は若い人に人気だな。

Sさん、Yさん、お疲れ様でした。 近頃で一番 超ハードでしたが素晴らしい一日でしたー!

コースは、こちら

≪標高≫ 猿倉(1250m)-白馬岳(2932m)-杓子岳(2812m)-鑓ヶ岳(2903m)

     距離:19.3m  標高差:1670m  累積標高差:2246m

≪コースタイム≫
地図:猿倉-(6h15)-白馬岳-(2h25)-鑓ヶ岳-(1h50)-村営小屋-(3h30)-猿倉 (14h)

7/19(金) 16:30会社発-5h(夕飯)-21:30猿倉着(駐車場は余裕あり)

7/20(土) 3:00起床-4:00猿倉-(5h15m)-9:15白馬岳9:30-(2h15m)-11:45鑓ヶ岳
       12:15-(1h45m)-14:00村営小屋14:30-(3h15m)-17:45猿倉 (13h45m)
c0133096_2159557.jpg
c0133096_833586.jpg

=========================

3:00起床、4:00発  薄暗い中、小鳥のさえずりを聞きながら、白馬尻小屋まで1時間の林道歩き。  夜明け、晴天です!
c0133096_20494649.jpg
5:00白馬尻小屋に到着。 ここから雪渓歩きになる。
c0133096_20482859.jpg

白馬尻小屋から朝いちばんで登り始めた方が、もう大雪渓を歩いていました (@@
c0133096_21552484.jpg

今年は6月の豪雨で雪が融けクレパスが多数発生、迂回しつつ六本歯アイゼンで歩く。
c0133096_21533748.jpg

雪渓を下る涼しい風を受け、ゆっくり登る。 S、Yさんに大差をつけられ (^^;
c0133096_1837237.jpg

沢の水も涼しげ
c0133096_210417.jpg

雪渓を2時間、かなり登って来ました
c0133096_2173792.jpg

最後の雪渓最上部をトラバース
c0133096_2235991.jpg

雪渓の谷間を抜け、杓子岳を望む。 村営山荘を通過。
c0133096_21171088.jpg

白馬岳は高山植物の宝庫。 花盛りでした。
c0133096_21594028.jpg

8:45 猿倉から4時間45分、やっと尾根に出ました。 白馬山頂まであとちょっとだけど、かなり疲れた。
c0133096_2211766.jpg

隣の旭岳はかなりの残雪
c0133096_163054.jpg

日本一でかい白馬山荘を抜けて
c0133096_854405.jpg

9:15 白馬山頂(2932m)に到着、猿倉から5時間15分。 コースタイムを1時間短縮、疲れたが調子はいい!
c0133096_848373.jpg
c0133096_17332828.jpg

日本海側を望むと、富山県の黒部市? その向こうに能登半島。 こんなにクッキリな景色は珍しい (^^
c0133096_22185753.jpg

ズーム
c0133096_20371461.jpg

北方は蓮華岳と栂池高原。 その向こうには新潟の火打山、妙高山が見える。
c0133096_21442186.jpg

右から、剣、立山、薬師、黒部五郎、水晶、三俣蓮華、槍、穂高まで見渡せます。
9:30 鑓ヶ岳へ向けて出発!
c0133096_2134545.jpg

昨年9月はこんな景色。 残雪は消えて
c0133096_2138560.jpg

白馬三山の杓子岳、鑓ヶ岳。 鑓ヶ岳まではまだまだ遠い! 
c0133096_21482093.jpg

白馬山頂から1時間下って最低鞍部からの白馬岳と大雪渓
c0133096_1713552.jpg
c0133096_21503389.jpg

杓子岳をS氏とY氏は登り、私はトラバース (^^;
c0133096_21534895.jpg

さあ!鑓ヶ岳への登り。 結構、脚にきてます。
c0133096_215738100.jpg

登りの途中で振り返ると、ビッグな白馬岳と杓子岳がなかなかの景色 (^^
c0133096_221897.jpg

11:45 2時間15分で鑓ヶ岳(2903m)に到着! 疲労困憊 (@@
c0133096_17361897.jpg
c0133096_18011555.jpg


来た道を。 今日は最高の天気です (^^)/
c0133096_22151937.jpg

反対側は、天狗小屋から不帰の剣、唐松、五竜、鹿島槍ヶ岳へ続く尾根
c0133096_22224917.jpg

12:15 30分休憩後、これから復路。 頑張らねば!!! 
猿倉までコースタイムは5時間30分、到着は18:00頃かな。

やっと下山ポイントの村営小屋に戻って来ました。 小屋には午前中に無かったカラフルなテントで一杯です
c0133096_2229664.jpg
14:00 村営小屋で、30分ほど休憩。 900円のそばを注文、汁が少ない! ちょっとせこくない? 白馬は人気の山だから他の山小屋より傲慢かな。

14:30 小屋発  暑い中、沢山の方が登ってきます。若い山ガール、山ボーイが多くてビックリ!  でも、登りは涼しい早朝が一番だね。

夕暮れになると、あれだけいた登山者は居なくなり、私たちだけになりました。 大雪渓の下りは昔々スキーで滑り下りたことはあったけど、歩いて下るのは初めて。 楽ちんでした (^^
c0133096_22321357.jpg

17:45 コースタイム通りに猿倉着。 やれやれ、脚は痛いし疲労困憊。 でも、山も天気も最高の14時間 (^^)/

帰りは、茶褐色の湯 「倉下の湯」 で汗を流して帰宅。 帰りの運転が大変でした (^^; 

人気ブログランキングへ  ←  ポチ宜しく
by takatakabike2 | 2013-07-21 20:13 | 登山 | Comments(0)

天気が良さそうなので、②案の大雪渓のピストンコースで決行します。  S氏、Y氏の3人

 標高は、猿倉(1250m)-白馬岳(2932m)-杓子岳(2812m)-鑓ヶ岳(2903m)

①案 15時間 (大雪渓、鑓温泉 周回コース)
 猿倉-6h15m-白馬岳-2h25m-鑓ヶ岳-2h20m-鑓温泉-4h-猿倉
 距離:19.3km、 累積標高差:2246m

②案 14時間 (大雪渓 ピストンコース)
 猿倉-6h15m-白馬岳-2h25m-鑓ヶ岳-1h50m-村営頂上小屋-3h30m-猿倉

予定時間
 7/19(金) 16:30会社発-4h30m-21:00猿倉着
 7/20(土) 3:00起床-4:00猿倉-13h-17:00猿倉 (日の出4:45 日の入19:00)

人気ブログランキングへ  ←  ポチ宜しく
by takatakabike2 | 2013-07-17 18:20 | 登山 | Comments(0)

連休中は、ずーっと 晴天が続くそうなので、登山口の駐車場が空いてる連休初日5/3に燕岳へ行くことに。 前日5/2 16:30発、渋滞もなく中房温泉に21:00着 (4h30m)。 駐車場は案の定ガラガラ、早速テントで寝ようとしたが、寒っ! 気温が天気予報通り、例年より10℃近く低い。 氷点下以下か~
結局、寒く寝たり起きたりで熟睡できず、朝起きると空はガスがたちこめ (><) 

でも、少し待っていると、ガスが晴れて天気予報通りの晴天に ♪♪

  ・今回は寒い山行でしたが冷えたことで靄が出ず、冬山の様な澄み切った景色を堪能
   できました。  この時期毎年登ってますが、初めて (^^)/

     6:30 - 燕岳(11:40~12:00) - 15:30   (9h)

=============================

6:30 登山口をスタート
今日は登山者が多い。 雪山なので山ガールは少な目だけど、山ボーイが多いのにはビックリ。  登山ブームはまだまだ続くね
c0133096_1193979.jpg

見る見るうちにガスが上がって晴天になっていく
c0133096_1111037.jpg

例年より残雪が多くて30分も歩くと残雪が出てくる。 今日は気温が低く凍っているためアイゼンを着ける。歩きにくい。
c0133096_1441750.jpg

9:40 いつもより少し遅れ、3時間かかって「合戦小屋」 に到着。 ここまで小屋泊まりの方を何人も追い抜くが、日帰りらしい方には追い抜かれる (^^;
c0133096_111284.jpg

小屋へ続く尾根に上がると、大天井岳の尾根から 「槍ヶ岳」 が覗く。 雲一つないドピカン天気、こんな天気は何年振りか
c0133096_15124760.jpg

頂きに燕山荘が見えてきた
c0133096_15191378.jpg

10:45 燕山荘 到着。  素晴らしい景色です!!!   こんな日はめったにない (^^)/

風が強く寒いので、ダウンジャケットとレインパンツを着込む(小屋のブログをあとから見ると最高気温が -3℃)。  何年振りかに装着した12本歯のアイゼンは重く (^^; 疲れました。  残雪は例年より多いですね。
c0133096_1522381.jpg
c0133096_1238108.jpg
c0133096_15264334.jpg

11:00 燕岳へ向う。 風が相変わらず強い、もうちょっと!
琵琶湖で攣った左内腿が攣りそうに、ゆっくり登る (><)
c0133096_12564375.jpg

11:40 燕岳 2763m 到着!

左から燕山荘、大天井、穂高、槍、笠、鷲羽、水晶、野口五郎、薬師、立山、剣、針の木、鹿島槍が見渡せます。  クリックで拡大
c0133096_13104387.jpg

大天井、穂高、槍ヶ岳、笠ヶ岳 方面
c0133096_19222467.jpg

立山、剣方面は曇
c0133096_19311089.jpg

穂高、槍ヶ岳  ズーム
c0133096_1538249.jpg

左に針の木、右に鹿島槍ヶ岳(双耳峰)  ズーム
c0133096_1539834.jpg

12:20 燕山荘に戻って
c0133096_13364388.jpg

下りの尾根は風がなく暖かくて、山を独り占め。  静かな大自然の中に浸れる至福の時
c0133096_15421917.jpg
c0133096_1350462.jpg

15:30 登山口に到着     ※下りはアイゼンを履いた方が楽なことがわかったよ。

15:30って、出発が遅れたこともあるけど今までで一番遅かった (><)   睡眠不足? 

でも、今日は日本晴れでいい一日でした (^^)/

人気ブログランキングへ  ←  ポチ宜しく
by takatakabike2 | 2013-05-04 16:12 | 登山 | Comments(2)