カテゴリ:登山( 182 )

天気予報によると、午前中までは晴れ模様なので、連休のトレーニングを兼ねて 2年半ぶりに「沼津アルプスを登ってきました。 低山の縦走だから 「歩いてきました」 かな。

曇り時々晴れで、陽射しは暑かったけど、木陰は寒いくらい。 景色は良くて、絶好のハイキング日和でした。 でも明日の筋肉痛がちょっと怖い (^^;

初めて背負ったグレゴリーザックのホールド感はなかなか。 ハイドレーションの簡単給水も良し。

============================= 

7:00に、登山口近くの公営温水プール駐車場に着くと、チェーンが張ってあり駐車できず (T_T)
以前はOKでしたが。。。  (調べたら 5~9月:7:00~、 以外は9:00~ 開場でした)

結局、香貫山中腹の駐車場へ停めて、7:40出発。
c0133096_18363540.jpg

横山への登り口。 ほとんどの方は逆方向から縦走して、ここを終点にしてJR沼津駅へのバス停に向かうか、香貫山に向かうか、沼津港へ向かって食事するか。 なんですかね。
c0133096_18444920.jpg

徳倉山からの眺望
c0133096_18464381.jpg

景色が値千金ということかな! 千金岩からの眺望  (クリックで拡大)
c0133096_18524736.jpg

小鷲頭山  
2年半前の真夏はバテて2h50mかかりましたが、今日は木陰は寒いくらいの気温だったので2hでした (@@
c0133096_18541119.jpg

鷲頭山に到着。 ここは桜が数本ありますが、1本だけ咲いてました。 
c0133096_18575724.jpg
c0133096_223072.jpg

半年ぶりの登山だったので、Uターンは止めて素直に下山することに。
下山口に綺麗な花が群生していました。 なんという花かな
c0133096_1915535.jpg

今日は、15人ぐらいに会いました。 トレランのおじさんと山ガール2人の他は熟年男子ハイカーが多かった。

グレゴリーザック swatch12 のデビューでした。  帰りのバスの時間11:22がギリギリだった(1本/時間)ので少し走りましたが、揺れることがなく走り易い。 トレラン用だからね。 逆に背中が蒸れて暑いけどしょうがない。
c0133096_19233860.jpg

人気ブログランキングへ  ←  ポチ宜しく
by takatakabike2 | 2013-04-14 19:25 | 登山 | Comments(3)

1年前に、使い易く軽量のオスプレイ 34L を購入して、燕岳、御嶽山、薬師岳、空木岳、白馬岳を登りました。 
たけど、日帰り登山用にはちょっと大きくて、小ぶりなザックを探してました。

c0133096_22162316.jpgその中で、グレゴリー Wasatch 12L が機能、姿ともに良さげ。 ネットで探してましたが、人気商品なのか売り切ればかり。 

でも、やっと一昨日オークションに出品されていたのを見つけ、運良く落札できました (^^)/ 

トレイルラン用なので、体にフィットして走ってもブレない。 走る気はないけどね (^^;)

今年も登るよ ♪♪

人気ブログランキングへ  ←  ポチ宜しくです。
by takatakabike2 | 2013-01-28 22:16 | 登山 | Comments(0)

 この時期、大雪渓は小雪渓になっていて、残る雪渓もクレパスだらけでガラガラ斜面の高巻きは疲れるし時間がかかりました。 結局、雪渓歩行は15分程度 <`ヘ´>  秋だから雪渓が小さくなるのは当たり前だけど大変でした。

 登山者は少なくて静かな山を堪能、空気は澄んでいて景色が抜群でした ♪♪  今話題の新型輸送機オスプレイには関係ないけど (^^;) オスプレイのザックを背負っている登山者が多かった。 軽くて、使い勝手がいいからね。 それにしても珍しく若い男女が多かったです。

コースタイム
 猿倉-6h10m-白馬岳-1h40m-杓子岳-1h-稜線分岐-3h30m-猿倉(12h20m)
実タイム
 猿倉4:30-10:00白馬岳10:20-11:50杓子岳12:00-16:30猿倉(12h)

====================================

9/28(金) 猿倉の登山者用駐車場21:00着 (会社から4時間半でした)。 
        駐車場は半分ぐらいが空き、テントで就寝。
9/29(土)
 3:30起床、暗い中を4:15発、猿倉荘の外トイレに寄って4:30発。

 5:15頃に東の空が明るくなり始め、5:30に白馬尻に到着。 7月下旬ごろはここから雪渓を歩くが、今の時期は全く無い。
c0133096_14432783.jpg

 朝焼けが綺麗です。 天気は良さそう (^^)
c0133096_14453521.jpg
 
 雪渓のクレパスを避ける高巻きの道はガラガラのガレ場で慎重に歩く。 雨が降ったら危ない所。
c0133096_1450812.jpg

 7月下旬ごろの大雪渓は、こんな感じで歩き易い。 秋は登山者が少なくていいけど、夏はここが蟻の行列になる (@@
c0133096_16365287.jpg

 7:00 曇り空。高巻きが終わり15分ほど雪渓を歩く (^^;)  朝は気温が低く凍っていて軽アイゼンが役立った ♪♪ 
c0133096_1513613.jpg

 まだまだ雪渓は残っているが巨大な穴が出来て、いつ崩落するかわからないので、歩けません。 遠くに見えるのは、戸隠山か妙高山か雨飾山か?!なぁ
c0133096_1563091.jpg

 9:00 稜線までもうちょっと!  晴れてきました ♪♪
c0133096_20111644.jpg

 雲が去って、白馬杓子岳、鑓が岳も綺麗に見えてきた (^^)/
c0133096_15121716.jpg

 9:30 稜線に出る。
10数年振りの白馬岳の勇姿は変わってませんでした。 当たり前か (^^;)
c0133096_15184089.jpg

 隣には旭岳がどっしり構えてます。
c0133096_20551046.jpg

 10:00 白馬岳山頂、風が強くて半袖では寒い寒い。 長居は無用ですが、360度の展望が素晴らしく、長居しました ♪♪
c0133096_15225143.jpg

 北方には北ア最北の雪倉岳、朝日岳。 
c0133096_217536.jpg

 その東側には蓮華岳への尾根。
昨年NHKで放送した「坂の上の雲」のエンディングに登場する山が蓮華岳。 白馬大池から登ると貫禄がある素晴らしい山です。
c0133096_2172233.jpg

 南方には北ア最南端の穂高連峰まで見渡せました。 クリックで拡大
c0133096_16411619.jpg

 尖がり帽子の白馬岳から標高400m下って来ました。 ここから杓子岳まで300m登り返します (+_+)
c0133096_15565523.jpg
c0133096_15471141.jpg

 夏に花を咲かせた高山植物も、秋風にそよぐ枯れ葉が寂しげです。。。
c0133096_15422119.jpg

 杓子岳の最後の登りは厳しい!
c0133096_1550589.jpg

11:50 杓子岳山頂。 白馬鑓ヶ岳への道筋
山頂で会った青年は大雪渓、白馬岳、鑓ヶ岳を登って鑓温泉、猿倉へ日帰りだという。 下りは走って、18:00松本行きの特急電車に間に合うかな? ガンバレよー!
c0133096_16181893.jpg

白馬岳からの道筋、遠くに見えるは旭岳。 白馬三山の富山県側はなだらかな山容。  
c0133096_20143689.jpg

長野県側は急峻な崖。
c0133096_16241128.jpg

下山は夏の大雪渓を下る時間の倍かかり疲れました (@@  16:30猿倉着

帰りは白馬塩の道温泉「ガーデンの湯」で汗を流して帰宅。 褐色なのに硫黄より塩分が多く、すべすべの温泉でgood!

Yさん御苦労様でした。 
次回行くとしたら雪渓が大きい7月ごろ、梅雨の晴れ間に雪渓をサクサク登って下りたいですね。

人気ブログランキングへ  ←  ポチ宜しくです。
by takatakabike2 | 2012-09-30 19:03 | 登山 | Comments(0)

朝方あった雲も去り、日中は上々の天気で景色は最高でした (^^)/

でも、秋の大雪渓は小さく縮んでクレパスだらけ。 ぐずぐずの斜面を高巻きするという、面白味のない大雪渓でした。 初夏じゃないと (+_+)

時間があったので白馬三山の杓子岳も登って来ました。 猿倉荘を4:30発~16:30着という12時間の長~い山行。 明日からの筋肉痛が怖い (^^;)   Yさん御苦労様でした
c0133096_8532764.jpg
白馬岳
c0133096_8444755.jpg
白馬三山の杓子岳、鑓ヶ岳
c0133096_8451731.jpg
10:00 白馬岳山頂 (杓子、鑓ヶ岳方面) 
秋は空気が澄んでいて北アの全貌が展望できる (^^)
c0133096_8454657.jpg
12:00 杓子岳山頂から鑓ヶ岳
c0133096_947377.jpg
秋です
c0133096_90898.jpg

人気ブログランキングへ  ←  ポチ宜しくです。
by takatakabike2 | 2012-09-29 22:36 | 登山 | Comments(0)

 かなり以前に、年末年始の冬山登山で 「空木岳」 へ行ってから、随分経つ。 今回夏山日帰りをトライしてみました。 登山口が中央高速の駒ヶ根ICを降りてすぐなので運転は楽でしたが、なかなか厳しい山でした。 でも、山頂手前からの絶景と南アルプスのパノラマが素晴らしかった (^^)/

コースタイム:駐車場(1240m)-6h-空木岳(2764m)-3h45-駐車場
  計:9h45 距離:16km  標高差:1500m

実際:4:00-10:10空木岳11:00-15:15 休憩除き10h25 (コースアウト40分引くと、コースタイム通り)

 空木岳から見た北の稜線。 夕暮れまでの時間が長い初夏に、駒ヶ岳ロープウェイを使って 「千畳敷~檜尾岳~空木岳~菅の台」を縦走もいいかも (コースタイム12h)。 ロープウェイ+バスは乗り口の菅の台を5:00始発~千畳敷(2612m)6:00着、一気に上がれる ♪♪

 ===================================  
 

c0133096_15455526.jpg 前日自宅を16:30発、途中で夕飯を食べ、林道終点に20:30着。 狭い駐車場はすでに一杯だがなんとか駐車してテントで寝る。 天気予報は曇りだけど晴れを期待したい。。。

 朝3:00起床、夜空には満天の星! 晴れです♪♪ 暗い中を4:00スタート。 
 昨夜は地図上の林道終点は土砂崩れで行けず、登山道は林道を500m戻ったところから。
 真っ暗な中、熊とは会いたくない (^^;)

 4:35 林道最終地点に着く。 南アルプスの稜線がほのかに明るくなって来たがまだ暗い。 遊歩道が登山道を兼ねていて林道のように緩い傾斜をジグザグに登る。 あとから調べると旧駐車場のトイレの奥から直登の登山道があった模様。 残念。

 空木岳は池山尾根を登って行く。 なかなか高度を稼げない遊歩道に飽きた頃、標識に「池山(急峻)」があって、短縮しようと登ったのが間違えだった。

 正しい登山コースは池山を迂回してた (><)  標高差150mほど一汗掻いて、40分ほど余計にロスしました。 本ルートに合流すると5:00出発の方に会う (^^;)

 「池山小屋」は綺麗な大きな避難小屋でした。 周りの雰囲気も最高、別荘かと思ったよ。
c0133096_18261094.jpg

 ここから急な上りになる。 日帰り登山は脚自慢が多く、かなり抜かれる (^^;)  池山を登ったハンデがあるけど。
c0133096_15515883.jpg

 途中、「大地獄、小地獄」というなんとも恐ろしい名前を通過する。 痩せ尾根で鎖や梯子の連続ですが、地獄と言うほどではない。

 今日は日帰り登山者が10名ほど。 下って来るのはほとんどが昨日、駒ヶ岳ロープウェイを使って、宝剣岳から檜尾山を縦走し、空木岳手前の木曽殿山荘に宿泊した方々。
 中には名古屋から中央線を使って木曽側から登って一泊、伊那側のこの尾根を下り、中央アルプスを横断して飯田線で帰宅する方も居ました。
c0133096_18191494.jpg

 9:00 登山5時間でやっと森林限界を越えて見晴が良い場所に出た。 眼下には伊那平。 南アルプスは北から南、その先の山々まで見渡せます。 中央アルプスは南アの展望台です ♪♪

 クリックすると拡大
c0133096_15393454.jpg

 空木岳がやっと見えた。 手前のピークには 「駒石」
c0133096_1558411.jpg

 北に宝剣岳が見える。 結構、遠い
c0133096_16155910.jpg

 駒石が近づいてきた。
c0133096_2130715.jpg

 駒石を越え、最後の登り 
c0133096_1683011.jpg

 こじんまりした「駒峰ヒュッテ」 テラスからの眺めが最高でした。 南アルプスから上る日の出が綺麗だろうな (^^)
c0133096_16172412.jpg

 10:10 山頂に到着。  冷たい風が強くて肌寒い。 これからの季節は防寒着が必須です。
c0133096_16213327.jpg

 北西に御嶽山
c0133096_16322715.jpg
 
 ズーム  木曽側の2つの登り口のスキー場がよく見える
c0133096_16325254.jpg

 登ってきた池山尾根、空木平、遠くに八ヶ岳。  空木平の紅葉は素晴らしいそうです。
c0133096_16343293.jpg

 北側の宝剣岳に続く稜線
c0133096_1636058.jpg

 南駒ヶ岳へ続く稜線
c0133096_16371099.jpg

 トレイルランの二人組が4時間で登ってきた、宝剣まで行くのかな。 ちょっと休んで走り去って行った。 

 目の前の南アルプスを眺めながら、ゆっくり山頂で休憩して11:00に下る。 

 あっと言う間に雲が谷間から上がって  
c0133096_16401559.jpg

 下界は残暑が厳しいけど、山はもう秋だね
c0133096_16415539.jpg

 15:15 駐車場に戻る。 結構くたびれました。 山頂での休憩1時間を除いて、10時間ちょっと、かかり過ぎでした。 コースアウトした分を引いても9時間30分ぐらいかかった (^^;)

 帰りに、伊那ICで下りて 「みはらしの湯」 で汗を流してきました。 水風呂で脚をしっかりアイシング。 日曜の夕方だったので地元の方で混んでました。 

人気ブログランキングへ  ←  ポチ宜しくです。
by takatakabike2 | 2012-09-17 22:30 | 登山 | Comments(0)

北の宝剣岳方面
c0133096_10275146.jpg

南の南駒ヶ岳方面
c0133096_10275131.jpg

10:00登頂、ガスが上がって来ました。 今日は朝から日本晴れでした (^o^)/ 

    ~空木岳山にて   珍しく au が繋がった
by takatakabike2 | 2012-09-16 10:27 | 登山 | Comments(0)

 8/12週は前線が停滞して中部山岳地帯は曇り雨の毎日でした。 8/17(金)から前線が消滅し天候が回復してきたので、8/19(日)に北アルプスの薬師岳へ日帰り登山をして来ました。
 下山後、4日間は脚のふくらはぎが筋肉痛で酷いことに。 行く前に連日ランしたのに (><)

      =============================

 8/18(土)13:15自宅を出る。 登山口の富山県の折立まで300㎞、松本インターを出てから一般道の混雑で7時間もかかって20:00着。 夜空は満天の星!明日の晴天が期待される (^^) 
 駐車場は満車で路上駐車。 林道のゲートは夜間20:00-6:00閉鎖されるので、夜間の車流入が無くて静かに眠れる。

 有峰林道はダムによる有峰湖の湖岸道路、山は深く途中、熊の親子3匹、カモシカ1匹に遭遇したー (@@

 3:00起床の予定が2:30に目が覚める (^^;)   モンベルのシェルターテントはフライ無しの軽量、コンパクトで気に入っているが、完全防水なので結露が凄く、朝起きるとシュラフやテント内側がびっしょり濡れるのがちょっと (><)

 まだ暗い3:30登山開始! 薬師岳往復のコースタイムは12時間半(標高差1571m)。 目標は11時間、14:00には戻りたいが。 (結果は15:00に戻る)

  折立(1355m)-4h30m-太郎平-3h-薬師岳(2926m)-2h-太郎平-3h-折立

4:15頃から少しずつ明るく、1時間のち樹林帯を抜けると、剣岳までの稜線がくっきり (^^)/
早起きは 「三文の得」 じゃなく、三万両の得!!
当初の計画は剣から縦走する予定でした。天候不順が恨めしい。  クリックすると拡大
c0133096_18511386.jpg

 有峰湖。 夜明けは景色が綺麗です
c0133096_1912527.jpg

 この時間に登っている人はほとんどが薬師岳日帰り登山。 皆さん速いです、太郎平までに7人に追い抜かれました (^^;) 
c0133096_191913100.jpg

 雄大な景色の中を登って行く。 太郎平まで標高差800m、傾斜は緩いが距離はある。 朝の澄みきった空気の中は景色が抜群 ♪♪
c0133096_20413896.jpg

 7:15 太郎平に到着。 コースタイム4時間半を3時間半の予定が少々オーバー。 薬師岳方面は晴天!
c0133096_1244331.jpg

 右から黒部五郎岳、三俣蓮華岳は雲の中、雲の平、奥に水晶岳
c0133096_12515526.jpg

 早朝は薬師岳日帰りの方が多いが、縦走の方が居ました。 天気が良くなったので急遽、会社へ年休の申請をして、2泊3日で黒部五郎、雲の平を縦走するそうです。 羨ましい

 少し登りパノラマ写真を撮る。 7:30 ここからは草原地帯。 クリックで拡大
c0133096_17502156.jpg

 7:50 薬師平キャンプ場。 ほとんどが出発した後で、閑散。 北の俣岳がどっしり。
c0133096_1834778.jpg

 薬師平にて。 北の俣岳から黒部五郎岳への稜線、ここは別天地です。
c0133096_188765.jpg

 ここから登りです。
c0133096_18125827.jpg

 反対側は雲が広がって来ました
c0133096_18174240.jpg

 9:15 薬師小屋に到着。 この小屋は昨年立て直し新築、泊まってみたい。 
c0133096_18321332.jpg

 11年前に泊まった時の薬師小屋。 ちょうど夏休みの土曜の晩で超混んでいた。 あの梯子で2階に上がったような。
c0133096_18367100.jpg

 山頂が見えてきた。 朝、追い抜かれた方々の下山にすれ違う、速い (@@
c0133096_18423958.jpg

 10:05 薬師岳山頂、登ってきた方向をバックに。  出発から6時間半でした。
c0133096_18492086.jpg

 立山方面への縦走路、北薬師岳2900mと金作谷カール。 26m低いのに高く見える?!
c0133096_18541355.jpg

 山頂で展望を楽しむ。 
右の台地は雲の平、隣の尖がりは鷲羽岳、左は水晶岳と赤牛岳へ続く尾根。 この尾根(読売新道)は黒部湖まで続く。 クリックで拡大
c0133096_1974144.jpg

 スゴ乗越テント場から縦走してきたソロの山ガールに写真を撮ってもらう。 あっと言う間にガスが。。。

 この山ガールは食糧、テント持ち。 水晶小屋-赤牛岳-読売新道-黒部湖-平ノ渡し-平ノ小屋(泊)-(登り)五色ヶ原-スゴ乗越テント場(泊)-越中沢岳-薬師岳-薬師平テント場(泊)-太郎平-薬師沢-雲の平テント場(泊)-水晶小屋 3泊4日  

 ?? 水晶小屋までは? 小屋の方でした!!  よくこの繁盛期に小屋を休めたね (@@
c0133096_193705.jpg

 10:45 下山開始。  11:50 薬師平。
c0133096_19582556.jpg

 ここでライチョウの親子6匹に遭遇。 子供2匹わかるかな?
c0133096_19564210.jpg

 15:00 折立着。 最後の急坂1時間がきつかった。 帰りに平湯温泉「ひらゆの森」に立ち寄ってから23:00帰宅。 帰りの運転が一番きつかったかも (^^;)

人気ブログランキングへ  ←  ポチ宜しくです。
by takatakabike2 | 2012-08-25 13:48 | 登山 | Comments(2)

 3:30 折立を出発、北ア 薬師岳へ。 天気は最高です (^^)

 ~6:00 富山市方面を
c0133096_18483155.jpg

by takatakabike2 | 2012-08-19 18:48 | 登山 | Comments(0)

 足腰の筋肉痛がピークになる2日目の今朝、なんと!? 普通に歩けました (^^)/  ちょっと筋肉痛はあるけど十分です。

 下山後、すぐに冷却すれば翌日の筋肉痛を軽減するようで。 今回は下山直後に「エアーサロンパス」で冷却、日帰り温泉の水風呂で冷却と温浴を交互に繰り返した。 
 オリンピックのホッケー女子選手はトレーニングの後に、下半身を水のプールに入れていたし、プロ野球のピッチャーも登板直後に肩をアイシングしてますよね。

 更に、先々週の「御嶽山」がトレーニングになっていたかも。 真相は。。。

 ところで当日は寝坊して、須走口6:00集合が、7:30になってしまい
1時間半遅れて単独行 (^^;)  Oさんには、悪いことをしてしまったかも。 足の速いTさん、Kさんに引張られて大変だったようです。

 路肩駐車7:20 ~ 7:40須走登山口(2000m)7:45 ~ 8:40六合目小屋8:50 ~ 9:55七合目小屋10:05 ~ 11:00八合目小屋11:15 ~ 11:50八合五勺小屋12:00 ~ 12:45浅間大社奥宮13:20 ~ 15:50須走口 ~ 16:05路肩駐車  (8時間45分 登り5時間25分、下り2時間45分)

 金曜の平日なので空いていると思っていたら、甘かった。 路上駐車の末端に停めて登山口まで20分も歩くことに、警備の方に聞くと夜中の1:00にはすでに150台の駐車場は満杯だったとか。 恐るべし登山ブーム!?  登山前から 「げんなり」 (><)
c0133096_12504117.jpg

 天気はまあまあです (^^) でも山頂は遠いなぁ (@@   この先に満車の駐車場、登山道は右
c0133096_12522793.jpg

 昔の旅籠のような呼び込みが凄い「お土産通り」 を抜けていきます。 店のおばあちゃんが配る無料の冷水をもらい元気が出た。  朝から暑いです。
c0133096_12564192.jpg

 1時間ほどは涼しい林の中を歩いて六合目まで
c0133096_12584068.jpg

 登りと下りは別の道、下りは砂道で楽そう。 
c0133096_1331061.jpg

 まだ、先は長い (^^;)
c0133096_18303082.jpg

 富士山は若い男女と幼い子供を連れた家族が意外と多い。 おしゃれな山ガールも歩きがなかなか速い。

 陽射しは強いが標高が上がるにつれ気温や風が涼しい (^^)/
c0133096_1361585.jpg
c0133096_13151056.jpg

 八合目から吉田口登山道と合流で、急に登山者が多くなる。 

 更に今日は65回目の富士登山競走のようで、ちょうど下りのランナーに会う。  富士吉田市役所(標高770m)~富士山頂(3776m)まで、標高差3000m、距離21km。 優勝者は2時間30分で登りきる (@@ 
c0133096_13153752.jpg

 沢山のランナーが降りてくる。 
c0133096_13174642.jpg
c0133096_13184620.jpg

 外人の登山者も多く、日本の女子は覆面、長袖で日焼け対策バッチリだけど、外人の女子は海水浴に行くような肌を露出して、正反対 (@@
c0133096_1322293.jpg

 9合目の鳥居、 8合目あたりから頭がクラクラする。酸素が薄いせいでしょうか!?
c0133096_18341789.jpg

 12:45浅間大社奥宮に到着 (^^)/  かなり疲れました (^^;)

 最高峰はお鉢を回って反対側の「剣ヶ峰」まで40分ぐらい。 でも一周します、1時間半。 車に財布を忘れ、有料トイレに入れず、水も買えず、ラーメンも食べられず我慢~ (><)
c0133096_13251272.jpg

 ♪♪ 「剣ヶ峰」 ♪♪  を望む
c0133096_13255851.jpg

 剣ヶ峰への途中、Tさん、Kさんに会う。 お鉢を反対から回って来た模様、折角なので合流して下山することに。 休憩してたOさんにも会って一緒に下山。

 下りはガスが出てきて涼しげでしたが、前の人の砂煙が凄い。 ショートスパッツとマスクが必需品、ゴーグル娘も居たよ!?
c0133096_13361253.jpg

 須走下山コースは御殿場コースの様な細かな砂ではないから、1歩が3mなんて事はないですが、歩き易い。
c0133096_1846139.jpg

 15:50 登山口に到着。 下りは砂のクッションンで膝痛もなく、富士宮口より楽だった。
c0133096_13411148.jpg

 この後の舗装路15分が一番きつかったかも (^^;)

 Tさん、Kさん、Oさん、御苦労様でした。 

 来年は1440mの御殿場口から挑戦したい!? 標高差2336m (@@
c0133096_19205031.jpg

人気ブログランキングへ  ←  ポチ宜しくです。
by takatakabike2 | 2012-07-29 11:55 | 登山 | Comments(0)

 初めて須走口から富士山を登って来ました。 4人で登山の予定が、登りは単独行になってしまった (^^;)

 天気は晴れ時々ガスで、酷い日焼けにもならず快適な登りでしたが、須走口は富士宮口より400m低い(標高差1800m)ので、体力的にはきつ目でした。 下りはマスクが必要、ゴーグル娘も居たし (@@

 詳細は別途

c0133096_2039385.jpg

 お鉢から剣ヶ峰を望む
c0133096_20404594.jpg

人気ブログランキングへ  ←  ポチ宜しくです。
by takatakabike2 | 2012-07-27 20:42 | 登山 | Comments(0)