曇りの天気予報に反し、高層に ”うろこ雲” があった程度の快晴の一日!! 
最高の登山日和でしたが、累積の登山標高差が2200mもあって、かなり厳しい長時間(凡そ14h)の登降となりました。

c0133096_20343590.jpg白馬岳の大雪渓は去年登った9月と違って、残雪が十分に残り雪渓を直登する事ができ、稜線の高山植物も花盛りでした。
大きな青空、遠くに続く稜線、涼しい雪渓、お花畑と、夏山をしっかり楽しませてもらいました (^^)/

山は以外にも若い山ボーイ、山ガールで溢れていました。 流石、白馬岳は若い人に人気だな。

Sさん、Yさん、お疲れ様でした。 近頃で一番 超ハードでしたが素晴らしい一日でしたー!

コースは、こちら

≪標高≫ 猿倉(1250m)-白馬岳(2932m)-杓子岳(2812m)-鑓ヶ岳(2903m)

     距離:19.3m  標高差:1670m  累積標高差:2246m

≪コースタイム≫
地図:猿倉-(6h15)-白馬岳-(2h25)-鑓ヶ岳-(1h50)-村営小屋-(3h30)-猿倉 (14h)

7/19(金) 16:30会社発-5h(夕飯)-21:30猿倉着(駐車場は余裕あり)

7/20(土) 3:00起床-4:00猿倉-(5h15m)-9:15白馬岳9:30-(2h15m)-11:45鑓ヶ岳
       12:15-(1h45m)-14:00村営小屋14:30-(3h15m)-17:45猿倉 (13h45m)
c0133096_2159557.jpg
c0133096_833586.jpg

=========================

3:00起床、4:00発  薄暗い中、小鳥のさえずりを聞きながら、白馬尻小屋まで1時間の林道歩き。  夜明け、晴天です!
c0133096_20494649.jpg
5:00白馬尻小屋に到着。 ここから雪渓歩きになる。
c0133096_20482859.jpg

白馬尻小屋から朝いちばんで登り始めた方が、もう大雪渓を歩いていました (@@
c0133096_21552484.jpg

今年は6月の豪雨で雪が融けクレパスが多数発生、迂回しつつ六本歯アイゼンで歩く。
c0133096_21533748.jpg

雪渓を下る涼しい風を受け、ゆっくり登る。 S、Yさんに大差をつけられ (^^;
c0133096_1837237.jpg

沢の水も涼しげ
c0133096_210417.jpg

雪渓を2時間、かなり登って来ました
c0133096_2173792.jpg

最後の雪渓最上部をトラバース
c0133096_2235991.jpg

雪渓の谷間を抜け、杓子岳を望む。 村営山荘を通過。
c0133096_21171088.jpg

白馬岳は高山植物の宝庫。 花盛りでした。
c0133096_21594028.jpg

8:45 猿倉から4時間45分、やっと尾根に出ました。 白馬山頂まであとちょっとだけど、かなり疲れた。
c0133096_2211766.jpg

隣の旭岳はかなりの残雪
c0133096_163054.jpg

日本一でかい白馬山荘を抜けて
c0133096_854405.jpg

9:15 白馬山頂(2932m)に到着、猿倉から5時間15分。 コースタイムを1時間短縮、疲れたが調子はいい!
c0133096_848373.jpg
c0133096_17332828.jpg

日本海側を望むと、富山県の黒部市? その向こうに能登半島。 こんなにクッキリな景色は珍しい (^^
c0133096_22185753.jpg

ズーム
c0133096_20371461.jpg

北方は蓮華岳と栂池高原。 その向こうには新潟の火打山、妙高山が見える。
c0133096_21442186.jpg

右から、剣、立山、薬師、黒部五郎、水晶、三俣蓮華、槍、穂高まで見渡せます。
9:30 鑓ヶ岳へ向けて出発!
c0133096_2134545.jpg

昨年9月はこんな景色。 残雪は消えて
c0133096_2138560.jpg

白馬三山の杓子岳、鑓ヶ岳。 鑓ヶ岳まではまだまだ遠い! 
c0133096_21482093.jpg

白馬山頂から1時間下って最低鞍部からの白馬岳と大雪渓
c0133096_1713552.jpg
c0133096_21503389.jpg

杓子岳をS氏とY氏は登り、私はトラバース (^^;
c0133096_21534895.jpg

さあ!鑓ヶ岳への登り。 結構、脚にきてます。
c0133096_215738100.jpg

登りの途中で振り返ると、ビッグな白馬岳と杓子岳がなかなかの景色 (^^
c0133096_221897.jpg

11:45 2時間15分で鑓ヶ岳(2903m)に到着! 疲労困憊 (@@
c0133096_17361897.jpg
c0133096_18011555.jpg


来た道を。 今日は最高の天気です (^^)/
c0133096_22151937.jpg

反対側は、天狗小屋から不帰の剣、唐松、五竜、鹿島槍ヶ岳へ続く尾根
c0133096_22224917.jpg

12:15 30分休憩後、これから復路。 頑張らねば!!! 
猿倉までコースタイムは5時間30分、到着は18:00頃かな。

やっと下山ポイントの村営小屋に戻って来ました。 小屋には午前中に無かったカラフルなテントで一杯です
c0133096_2229664.jpg
14:00 村営小屋で、30分ほど休憩。 900円のそばを注文、汁が少ない! ちょっとせこくない? 白馬は人気の山だから他の山小屋より傲慢かな。

14:30 小屋発  暑い中、沢山の方が登ってきます。若い山ガール、山ボーイが多くてビックリ!  でも、登りは涼しい早朝が一番だね。

夕暮れになると、あれだけいた登山者は居なくなり、私たちだけになりました。 大雪渓の下りは昔々スキーで滑り下りたことはあったけど、歩いて下るのは初めて。 楽ちんでした (^^
c0133096_22321357.jpg

17:45 コースタイム通りに猿倉着。 やれやれ、脚は痛いし疲労困憊。 でも、山も天気も最高の14時間 (^^)/

帰りは、茶褐色の湯 「倉下の湯」 で汗を流して帰宅。 帰りの運転が大変でした (^^; 

人気ブログランキングへ  ←  ポチ宜しく
by takatakabike2 | 2013-07-21 20:13 | 登山 | Comments(0)

天気が良さそうなので、②案の大雪渓のピストンコースで決行します。  S氏、Y氏の3人

 標高は、猿倉(1250m)-白馬岳(2932m)-杓子岳(2812m)-鑓ヶ岳(2903m)

①案 15時間 (大雪渓、鑓温泉 周回コース)
 猿倉-6h15m-白馬岳-2h25m-鑓ヶ岳-2h20m-鑓温泉-4h-猿倉
 距離:19.3km、 累積標高差:2246m

②案 14時間 (大雪渓 ピストンコース)
 猿倉-6h15m-白馬岳-2h25m-鑓ヶ岳-1h50m-村営頂上小屋-3h30m-猿倉

予定時間
 7/19(金) 16:30会社発-4h30m-21:00猿倉着
 7/20(土) 3:00起床-4:00猿倉-13h-17:00猿倉 (日の出4:45 日の入19:00)

人気ブログランキングへ  ←  ポチ宜しく
by takatakabike2 | 2013-07-17 18:20 | 登山 | Comments(0)

太平洋側は連日の晴れ曇りで猛暑日が続いていますが、日本海側は梅雨前線が停滞して雨模様。 今度の土曜の日帰り白馬三山登山が心配です。 

昨日、今日は夏山に備えて脚力アップと暑さに慣れるため、午前中に近所の山ランへ。 とは言っても御無沙汰だったので、速歩とラン織り交ぜ (^^;

昨日は登って行くと、モヤが無くて珍しく世界文化遺産の富士山がくっきり見えました。
今年の富士登山は大変な混雑になる模様。 なので、標高差2300mの御殿場口から登る計画でしたがメンバーの都合で一旦保留。 残念。

蝉の初鳴きは一週間前の 「アブラゼミ」 一匹。 昨日今日はかなり増えてきて、来週は大合唱になるな。 夏本番だね! 
c0133096_8202223.jpg

岩を割って生えてる ”根性の木”   誰かが鳥居を立てたね。 拝みます?!
c0133096_1884625.jpg

我が家の庭のキンカンに、”蝉の抜け殻” この狭い庭の地中に7年間住んでいたんだ。 
c0133096_18162582.jpg

午後は10回目のクロールレッスン。 
いろいろコツがあって、一つ一つ体に覚え込ませるのが大変です (^^;  水中ビデオを撮ってもらい、欠点が良く分かりました。 熱心なトレーナーさんに感謝!

人気ブログランキングへ  ←  ポチ宜しく
by takatakabike2 | 2013-07-15 17:10 | ランニング | Comments(2)