今日は伊吹山登山の予定だったので、昨夜のうちに琵琶湖から大垣駅前のアパホテルへ移動した。
アパは大浴場があってツーリング後にゆったり湯船に浸かれ、サウナや水風呂もあって披露した筋肉をクールダウンすることが出来た。

ただ、朝起きると自転車では珍しく筋肉痛と疲労感が強く、伊吹山の登山は中止することにした。 ガッカリ。 先週の沼津アルプス登山の筋肉痛が出発前日まで残っていたからな ...

ゆっくりホテルをチェックアウトして近くの養老温泉「ゆせんの湯」で2時間ほど過ごし体を癒す。ここの湯は酸化鉄の影響か茶色で、とろっとした湯です。

帰りは名神「岐阜羽島IC」から東名「豊川IC」まで行き、そのあとは国道一号バイパスで自宅まで、12:30に温泉を出て 17:30に到着しました。 静岡県内のバイパスは信号がなく渋滞もなく、高速道路並みのスピードは無理だけど無料だし時間に余裕があれば十分です。

人気ブログランキングへ  ←  ポチ宜しく
by takatakabike2 | 2015-04-28 19:20 | 自転車 | Comments(2)

c0133096_11264718.jpg今回は午前中が無風・快晴!の絶好のツーリング日和でした (^^)/

しかし。。。午後は暑さと向かい風に悩まされました (><

でも毎回、朝の涼しい中を走る湖西・湖北の素朴で透明感がある景色や小鳥の囀りは素晴らしく癒されます ♪♪

普通は湖に沿って走る左回りが常套ですが、早朝に湖西を走りたいので右回り。 Goalを琵琶湖大橋にしたいから琵琶湖大橋が Startです。

琵琶湖大橋米プラザ 5:45 Start-11:30湖北みずどりステーション(昼飯)12:10-Goal 17:15
  総時間:11h30m、 距離:152km、累積標高:614m  詳細コース

今年は前半がまったりサイクリング、後半は暑さと向かい風で鈍行だったので、初めて11時間半もかかってしまった。 先週の沼津アルプスの後遺症もあるかな ....

PS:日差しが強かったが日焼け止めクリームをしっかり塗ったので、焼けませんでした (^^

==========================

琵琶湖は快晴です。 魚釣りの方が居ましたが夜明け前から釣っていたのでしょうね。
c0133096_12095349.jpg

今日はスタートが遅れました。 5:45 Start
c0133096_12132060.jpg

いつもの和邇浜で一服します。 朝日を浴びた景色は素晴らしい!
c0133096_12143251.jpg

30分ほど琵琶湖を眺めながら清々しい小道を走る ♪
c0133096_12171226.jpg

比良山塊麓の田園地帯。  有機農法かな!? 丸々太った羊と山羊に雑草を食べさていたよ (^^;
c0133096_12203081.jpg

田舎なのに(失礼)、湖西線は高架です。
c0133096_12212378.jpg

湖面に建つ鳥居がある「白髭神社」に到着、1時間30分かかって23km。 かなりスローペース (^^;
c0133096_12250116.jpg
c0133096_12262238.jpg

萩の浜水泳場。 夏のまったり水泳も良いね (^^
c0133096_12460375.jpg

パノラマ
c0133096_12492118.jpg

風がなくて、湖面が鏡のようです
c0133096_12503841.jpg

平らなまっすぐな道や周りの風景と地名から推測すると、この新旭村は昭和の干拓地だろうな!?
c0133096_12532166.jpg

公園の風車村に到着 2時間20分で36km。 ゆっくり過ぎ (^^;  いいさ
c0133096_12572075.jpg

湖岸から小鳥の囀りも聞こえてきて良いね ♪♪
c0133096_13091617.jpg

今津にグラマーな人魚の像が建ってましたが、説明文が剥がれて読めませんでした。 ここに何で? 「琵琶湖母神」と言うようですが。。。
c0133096_13102949.jpg

木津浜  江戸・明治時代の頃にはここから信仰の島「竹生島」へ船が出ていた。
c0133096_13132186.jpg
c0133096_13140843.jpg

現在はちょっと先のここから参拝客向けの船が出ています。 「竹生島」は西国三十三所札所めぐり第三十番札所「宝厳寺」があります。 無人島で住職は毎日船で通勤しているそうですよ!
c0133096_13150366.jpg

ここの浜には白い花の群生があって、きれいです。 いいな050.gif
c0133096_13160138.jpg

途中、50ccバイクのカブで三重から二泊三日で岐阜、福井、琵琶湖をテント旅行している若者に会いました。 連日の好天で顔が真っ赤に日焼けしてました。 カブは運転し易く燃費が良くていいね! 

マキノ・ビーチ
c0133096_13195028.jpg

静かな街道を通って、海津大崎へ向かう
c0133096_13231681.jpg

今まで東に湖を眺めていたが、湾をぐるっと廻って西に湖です。 風がなく湖は静かですよ。
c0133096_13253087.jpg
c0133096_13260331.jpg

有名な湖岸の桜並木「海津大崎の桜」は散っていましたが、ここだけは咲いてました。
c0133096_13301486.jpg

登り下りが激しい「奥琵琶湖パークウェイ」を避け、湖北の山道を抜ける。 ここからは平地です ♪
c0133096_13373622.jpg
c0133096_13382437.jpg

入江を廻って
c0133096_13391513.jpg

新道のトンネルは狭く危ないので、旧道で賎ヶ岳の峠を越えます。
c0133096_13413699.jpg

結構登りますが、景色はいいです
c0133096_13423208.jpg

明治のトンネル。 中は真っ暗でライトがほしい。
c0133096_13442625.jpg

峠を越えたあとは、田園地帯を走り抜け
c0133096_13452438.jpg

走ってきた奥琵琶湖を振り返る
c0133096_13464705.jpg

道の駅「湖北みずどりステーション」の2階で昼飯にします。 

ここまで、5時間45分、82km。 あと70km
c0133096_13514310.jpg

「わかさぎ」と「子鮎」の唐揚げをその場で揚げていたので、珍しい「子鮎」をいただく。 新鮮で旨い! 内蔵の苦味が強いから酒のツマミに良いね。 昼飯なら「わかさぎ」かな。  9尾で¥380 は安い!
c0133096_13522845.jpg

ここからは単調な湖岸道をひた走る、前半のゆったりペースを挽回しないと。。。

でも、向かい風と暑さが厳しい!!
c0133096_13551185.jpg

伊吹山に向かって走る。 明日は登れるかな?
c0133096_14000854.jpg

長浜城に到着  94km
c0133096_14005883.jpg

彦根城に到着 108km  内堀から眺めると遠目に天守閣が見える
c0133096_14020459.jpg
c0133096_14033288.jpg
c0133096_14043887.jpg


向かい風で時速15km程度 (><)  単調な風景が続く昭和の干拓地を走り抜ける。
c0133096_14060997.jpg

最後の湖岸道路を走り
c0133096_14065165.jpg

温度計は 31℃!! 去年も暑かったけど 27℃だったから、今日はモーレツだ!
c0133096_18200640.jpg


17:04 やっと 琵琶湖大橋に戻って来た。
c0133096_15285805.jpg

橋のてっぺんでから、湖西と湖東を眺める。 琵琶湖はデカイな。
c0133096_15270309.jpg
c0133096_15274147.jpg

後半、暑さと向かい風で苦しめられ、古傷の右膝痛がでてしまい時速15km程度の走りで 、Goalまで11時間半もかかってしまった (^^;

向かい風でヘトヘトになったので、明日の伊吹山登山は中止かな ....
c0133096_15303756.jpg
人気ブログランキングへ  ←  ポチ宜しく

by takatakabike2 | 2015-04-28 12:01 | 自転車 | Comments(2)

4/25(土) 琵琶湖へ

幸いにも今年の連休は天気が続くようです、恒例の琵琶湖へ今年も行ってきます。

9:00自宅を出て、国道1号バイパスで浜松まで、そこから東名と伊勢湾岸道路を使って四日市ICまで、ICから鈴鹿の名湯「湯の山温泉」へ。 疲れを癒したあとは鈴鹿スカイラインで峠を越え、草津まで。

浜名湖
c0133096_20042502.jpg

伊勢湾岸道の巨大な橋
c0133096_20080052.jpg

御在所岳に向かって湯の山温泉「グリーンホテル」へ。

ここは、ホテルなので綺麗な施設と広い内風呂と広い露天風呂、さらに源泉掛け流しです。まったり過します。 ちょっと露天の湯温が高くて長く入ってられないのが難点かな。
c0133096_20112477.jpg

鈴鹿スカイラインで峠を降りてくると、のどかな田園地帯が広がっていました。
c0133096_20151588.jpg

18:00 草津のホテルに到着。 ゆったり来たのでそれほど疲れませんでした。

明日のは日焼け対策しないと大変なことになるよ!


by takatakabike2 | 2015-04-25 19:30 | 自転車

c0133096_21560411.jpg予報を見ると好天なのは今日だけ! それではと、5月連休の登山に向けてトレーニングに行ってきました。

天気は予想したほどの好天ではなく、薄曇りで風もあって少し肌寒かったけど、久しぶりの登山と奥駿河湾や新緑の景色を堪能しました (^^/

鷲頭山の山頂は、桜がほぼ散っていて登山者は4人だけでした。 
去年はちょうど1週間前の日曜に登りました。満開の桜の下、30~40人ぐらいがお花見宴会してたのが嘘のようです。

登山口8:10-香貫山ー横山ー徳倉山ー志下山ー鷲頭山14:25 (6h15m) 登山コース

=======================

今日は、香貫山麓の登山者用駐車場がスタート。 この無料駐車場の利用は8:00-17:00で、17:00になると近所の管理人が施錠し、8:00に開錠します。
c0133096_20344042.jpg

新桜台の桜はまだ咲いていました。
c0133096_20411664.jpg
c0133096_20434786.jpg
c0133096_20442491.jpg

香貫山を下り横山へ、沼津アルプスは3つの急登がある。

横山と徳倉山と鷲頭山の登り、普通だったらジグザグに登るところだが尾根が狭くて山頂目指して一直線に登る。
c0133096_20500051.jpg

二つ目の急登を登り、徳倉山。 暑くなり半袖のランニングシャツに着替える。
c0133096_20542036.jpg

去年の3月に皇太子がお忍びで沼津アルプスを縦走しました。

お忍びだから、それ以前ではないな。 それ以降、今回気がつきましたが、登山道のロープが新しくなったり、この様な歴史的な看板が2箇所建てられていました。
c0133096_20552252.jpg

2時間歩いて、鷲頭山が見えてきた。
c0133096_21001273.jpg

価千金岩からの鷲頭山。 奥駿河湾の景色は最高です。
c0133096_21005822.jpg
c0133096_21023608.jpg

11:10 3時間かかって鷲頭山に到着。 
山頂は昨年の30~40人のお花見の大混雑と違って、4人でした。

桜は少し咲いていました。
c0133096_21063212.jpg

この老木の桜は葉桜になっていた。
c0133096_21074389.jpg

11:30 復路へ。 小鷲頭山は景色を妨げていた樹木が切り払われて、視界が広がった。 これも皇太子登山のお陰だと思う。多分 (^^;
c0133096_21083593.jpg

13:55 香貫山に到着。 香貫の最後の登りはキツかった (><
c0133096_21110112.jpg

風が強い展望台より
左から、横山・徳倉山(象山)・奥に、鷲頭山
c0133096_21142425.jpg
c0133096_21151183.jpg

今日は最後まで、富士山が望めませんでした。

ここは人気の山になった、山ガール・山ボーイ・中高年、20グループぐらいに会いました。

※PS:昨夜は脂っこい晩飯でした。朝起きるとお腹の調子が悪く、一日調子がでませんでした。 前日の晩飯は消化が良いものを食べないと! というのが教訓でした (^^


人気ブログランキングへ  ←  ポチ宜しく
by takatakabike2 | 2015-04-18 20:17 | 登山 | Comments(2)

c0133096_21143658.jpg昨日は冷たい雨でしたが、今日の予報は曇り時々晴れの天気なので、毎年恒例の浜名湖一周をしてきました。

コースは3月のサイクルイベントとほぼ同じコースなので、登らなくてもいい山岳コースもある。

自宅 5:30発=SA朝食=浜名湖西IC=ガーデンパーク駐車場 8:30着

8:40発-13:30着(5時間) 詳細コース

走行距離:71km  累積標高差:340m

午前中は風がなく日差しも出て、春うららの快適なツーリングでしたが、予報通り午後から風が強くなって弁天島あたりは修行のような向かい風の走りでした。 

でも、3ヶ月ぶりのチャリは気持ちよかった!

Yさん、Oさん、お疲れ様。 特にOさんは行き帰りの運転もお疲れ様でした。

次は、5月連休の「東京日帰り観光ツーリング」! 晴れればいいが。

==================

写真を誤って消去してしまい、Yさんに提供してもらいました (^^;

・スタートのガーデンパーク駐車場は広いです   ・景色がいい大崎海水浴場あたりで一服
c0133096_20482052.jpg

人気ブログランキングへ  ←  ポチ宜しく
by takatakabike2 | 2015-04-13 20:48 | 自転車 | Comments(0)