c0133096_17321900.jpg2年振りに八ヶ岳へ登ってきました。天気予報では晴れでしたが、生憎一日中曇り空と強風の登山となりました。 

でも、その代わり360度の展望に恵まれ最高の景色を眺められました。
遠くの御嶽山に煙が出ていましたが小規模の噴火があったのでしょうか。

Mさん、Yさん、ハードな山行、お疲れ様でした。

コース時間:9h40  詳細コース  歩行距離:15km  累積標高差:1400m

2:40自宅 - 3:00会社合流 - 3:30富士宮合流 - (SAで朝食) - 6:05赤岳山荘

6:20赤岳山荘Sart - 8:15赤岳鉱泉8:30 - 10:25硫黄岳(山頂往復)10:40 - 12:00横岳12:10 - 13:15赤岳展望荘(昼飯)13:45 - 14:20赤岳14:40 - 15:55行者小屋16:10 - 18:40赤岳山荘Goal (12h20)

========================

6:05に赤岳山荘に到着すると駐車場はすでに8割が埋まっていました。
c0133096_13291681.jpg

6:20 いつもは南沢を進みますが、今日は北沢です。
c0133096_13370487.jpg

北沢は登山車が南沢より少なく静かです。 沢の水量は多く夏は涼しいでしょう。 
c0133096_15374142.jpg

奥に横岳が見えてきました。
c0133096_13394927.jpg

赤岳鉱泉に到着。ここは増築されかなり大きくなった感じです。
c0133096_13403568.jpg

ここから2時間かけて硫黄岳を目指します。

1時間20分登ると、「赤岩ノ頭」に到着。 横岳・赤岳が見えてきました。
c0133096_15460450.jpg

硫黄岳を目指します。
c0133096_15482193.jpg

コースタイム通り4時間かかって、硫黄岳山頂です。
c0133096_15500435.jpg

硫黄岳はなだら山容ですが、裏に回ると火口跡が迫力です。
c0133096_15563758.jpg

北方面は夏沢峠、天狗岳、北八ヶ岳に続きます。
c0133096_15574168.jpg

これから登る横岳・赤岳
c0133096_15591684.jpg

横岳の急峻な登りが見えてきました
c0133096_16010615.jpg

横岳は岩場を登ったりトラバースしますが、近年鎖が付けられて登り易くなりました。
c0133096_16025644.jpg

硫黄岳から1時間半、横岳に到着。 右手(諏訪方面)からの風が相変わらず強いです
c0133096_16073357.jpg

赤岳・阿弥陀岳と奥に南アルプスが見えます。
c0133096_16083725.jpg

北アルプスは縦走中はずーっと望めます。
c0133096_16101053.jpg

反対側の清里方面、新潟・群馬のの山々
c0133096_16114300.jpg

赤岳が真正面に。 かなり下ってから登ります。
c0133096_16153163.jpg

あそこの「赤岳展望荘」で風を避け、ゆっくり昼飯を兼ねて休憩です。 富士山もくっきり見えています。
c0133096_16173834.jpg

牛丼で力を付けようと思いましたが、水分がほしいので「ラーメン」にする。角煮が美味かった。

暖かい小屋でやっと一息つき、最後の赤岳の登りを頑張ります (^^/
c0133096_16203981.jpg

最後の赤岳を登りながら、小屋と横岳を振り返る
c0133096_16243230.jpg
c0133096_10424374.jpg

14:20 やっと赤岳山頂です。 皆さん笑顔です (^^
c0133096_21173887.jpg

野辺山国立天文台の45m電波望遠鏡が見えました。
c0133096_21184591.jpg

うっすらと 富士山が見えますか。。。
c0133096_21190432.jpg

帰りは赤岳の岩場を慎重に降りて
c0133096_16480945.jpg

正面は阿弥陀岳
c0133096_16573159.jpg

歩いて来た「硫黄岳・横岳」を眺めながら行者小屋へ下る
c0133096_16583424.jpg

16:00 行者小屋に到着。
多くのテントは夕食の支度に忙しい、炊飯のいい匂いが漂ってきます。次回はテント泊で酒盛りして翌日に帰りたいな。
c0133096_17005010.jpg

夕焼けに照らされた横岳が綺麗でした。
c0133096_17194781.jpg

ただ、ここからが大変でした。
1時間ほど歩くと日が暮れてヘッドランプを点けましたが、一人の電池がなくなってしまったのと、道に大きな石がゴロゴロしていて夜道は歩きにくく、結局、1時間40分のコースを2時間30分もかかってしまった。

18:40 赤岳山荘の駐車場へやっと到着。 かなり疲れましたが充実の山行でした。

帰りはいつもの日帰り温泉「ゆ~とろん水神の湯」で汗と疲れを流し、帰宅は 23:00でした。

失点は、今回浅い軽登山靴を使いましたが歩行時間が長く特に下りで爪を痛めた。やはりハイキングにはいいけど、本格的な登山は深い登山靴を使わないと。


人気ブログランキングへ  ←  ポチ宜しく
by takatakabike2 | 2015-10-12 15:21 | 登山 | Comments(0)

週間天気予報では曇りでしたが、当日はピッカーンの晴天で本当にラッキーでした。 赤岳までの稜線は風が強く吹き飛ばれそうでしたが、赤岳を過ぎると止んで、快適な稜線歩きを堪能しました ♪♪
c0133096_13102461.jpg
今回は会社の同僚二人と一緒です。 皆さん最後まで元気で、少なかったけど紅葉も綺麗でした。

八ヶ岳 (赤岳2899m ・ 阿弥陀岳2805m) コース

累積標高:1400m、 コースタイム:8h
実動 7:00発-17:00着 10h

ゆっくり登って下ったので最後まで疲れは出ず ♪♪

  赤岳山荘-行者小屋-(地蔵尾根)-赤岳-中岳-阿弥陀岳-行者小屋-赤岳山荘

============================

まだ暗い3:40 自宅発 = 6:40 赤岳山荘着 (標高1680m)

ラッキーなlことに駐車場が満杯直前でした。 年々満杯になる時間が早まってるそうです。

7:00 スタート   行者小屋までは2時間、この辺りは紅葉する落葉広葉樹が少ない
c0133096_187436.jpg

沢沿いと苔むした樹林帯の緩い登りを歩く。 ダケカンバと苔の林は写真以上に神秘的で綺麗
c0133096_1330949.jpg

初心者がいるのでゆっくり歩いて2時間、横岳の稜線が見えてきた。 晴天です ♪♪
c0133096_13332543.jpg

行者小屋  (標高2350m)
ここまで傾斜は緩いが標高差650mを登ってきた。 ここからは急登、でもあと550mです。
c0133096_13362996.jpg

地蔵尾根の急登を階段や鎖を使って稜線に出ると、もの凄い風と寒さ!!

北には横岳、快晴です。 
c0133096_1341456.jpg

南には赤岳、中岳、阿弥陀岳の稜線
c0133096_85454.jpg

赤岳の左には富士山がくっきり (^^   富士山が見えると何故か、ほっとする
c0133096_13442490.jpg

一旦、風を避けて赤岳展望荘で寒さ対策と休憩。 
皆さん昼飯はコンロ持参でラーメンの予定でしたが、この風では無理。 小屋で 「牛丼」 を食べ元気をつける、美味い! 

11:50 赤岳 2899m山頂  強風で寒いが360度の展望で、みんな笑顔 (^^
c0133096_1359053.jpg

西に、阿弥陀岳と諏訪湖
c0133096_141069.jpg

南に、権現岳と南アルプス
c0133096_142836.jpg

東に、野辺山辺りと真教寺尾根。  あれ? 野辺山の大きなパラボラアンテナが見えない。。。
c0133096_14414.jpg

北に、横岳、硫黄岳、北八ヶ岳
c0133096_1417711.jpg

風が強いので10分の滞在で退散 (^^;
c0133096_14175732.jpg

降りると、風は弱まって快適な下山
c0133096_14221136.jpg

これから向う中岳、阿弥陀岳
c0133096_9183238.jpg

阿弥陀岳の登りは急登。 フリークライミングの様に岩を掴みながらの登りで面白い

あっと言う間に、阿弥陀岳 2805m 山頂から赤岳を望む。 風がなく暖か
c0133096_971263.jpg

3人で記念撮影
c0133096_14343637.jpg

赤岳から横岳の稜線
c0133096_9151541.jpg

手前は、美濃戸口から阿弥陀岳に至るコース。 奥は権現岳
c0133096_14313564.jpg

15:00 行者小屋に戻って。 
モンベルテントが花盛り、ここをベースに阿弥陀、赤岳、硫黄と登るんでしょう。
c0133096_10424721.jpg
c0133096_1437157.jpg

17:00 赤岳山荘に到着。 
今日はお洒落な若人が多かったなぁ。  八ヶ岳は高速ICから近いし、3000m近くまで上がれるから人気ですね。

ゆっくり登って下ったので、それほど疲労はありませんでした (^^

帰りはいつもの 「ゆ~とろん水神の湯」 でまったり過ごして帰宅。 ここは名前通りの 「とろん」 としたお湯です。 

人気ブログランキングへ  ←  ポチ宜しく
by takatakabike2 | 2013-10-13 14:38 | 登山 | Comments(0)

 昨年、一昨年と、この三連休の最終日に八ヶ岳の赤岳を登っている。 今年は三連休の中日に行って来ました。
 朝、コンビニで食量を調達し、4:20に出発。 途中お腹の調子が悪く、中央高速で何度も休み、登山口の八ヶ岳高原ロッジに 7:10到着、いつもより30分遅かった。 河口湖経由より精進湖経由コースの方が速そうです。

 登山口は凄い混みようで、いつもならこの先の美濃戸山荘まで車で入れるが、駐車場が一杯で通行止め (^^;)  路肩に停める。駐車料1000円は得した (^^)  7:20スタート
c0133096_213215.jpg

 今日は登山靴ではなく、トレラン用シューズを履いてきた。 荷物が軽い時は、病み付きになる歩き易さ ♪♪ 次々と登山者を抜いて、美濃戸山荘まで50分の林道歩きは40分に短縮 (^^) 

 8:00に山荘を出て、南沢を2時間弱遡り、苔の絨毯を過ぎ、横岳が見えて来た。 この辺りは元々紅葉する木々が少ないけど、ちょっと紅葉してたかな。
c0133096_21163093.jpg
c0133096_218627.jpg

 10:10 行者小屋に到着。 小屋の前はもの凄い混雑、若い山ガールも沢山出没してる。
c0133096_2195837.jpg
c0133096_21104024.jpg

 10:30 いつもと逆コースの地蔵尾根を登る。 ここは梯子付きの急登が続く。
c0133096_2118254.jpg

振り返ると行者小屋が良く見える。
c0133096_21193162.jpg

横岳の岩稜
c0133096_2120179.jpg

中岳、阿弥陀岳が綺麗に見えてきた。
c0133096_21215438.jpg

 地蔵峠に到着。 赤岳手前に「赤岳展望荘」が見える。 反対側は横岳。
c0133096_21241284.jpg
c0133096_21243374.jpg

 山荘から赤岳を。
風が強くなったので岩陰で、ズボンを脱いで (^^;) コンプレッションパンツを履く。
c0133096_21255862.jpg

 12:20 「赤岳頂上小屋」に到着。  横岳、硫黄岳、その向こうに北八ヶ岳の山々
c0133096_21284677.jpg

 ちょっと先の山頂には大勢の登山者が。
c0133096_2131858.jpg

 飛行機雲と雲海と富士山
c0133096_2133474.jpg

 山頂にはおばさん3人組の面白いアクションが皆の笑いをとっていた (^^;)
c0133096_2144826.jpg

 中岳と阿弥陀岳 
c0133096_21445710.jpg

 山ガールが増殖! 上着はカラフル、下はスパッツ&短パンかスカートが定番。 皆、脚が細くて長いなぁ~ 時代は変わった (^^;)   文三郎尾根を下って、行者小屋に戻る。
c0133096_2148964.jpg

 山荘からは、コンプレッションパンツの御蔭か、小走りで下ってもいつもの膝痛がなかった (^^) 16:20 駐車場に戻る。 結構、時間がかかったなぁ。 車が入れず林道歩き往復1時間20分が余計でした (><)

 帰りは、「ゆ~とろん水神の湯」 で、まったり1時間過ごす。 ほんのり硫黄の香りがする「かけ流し」のいい温泉。 2年前に較べ湯船が増えてちょっと大きくなっていた。

 PS : 後日談、二日ほど脚の筋肉痛で悩まされた。 いつもの様に会社の階段が辛かった (><)

人気ブログランキングへ  ←  ポチ宜しくです。
by takatakabike2 | 2011-10-12 21:38 | 登山 | Comments(0)

 八ヶ岳の赤岳登山から一夜明け、脚の筋肉痛が酷い。 昨日は朝から前日の金トレで痛めた湿布だらけの脚をかばいつつ、ゆっくり登った。 山頂近くで風が強くなって寒くなったので、朝履き損ねたコンプレッションパンツを履いた。 これが良かった。
 朝を振り返ると、いつも美濃戸山荘まで車で入るが、今年は満車で車両通行止めの立札。 え~! そういえば、来た道にも路肩駐車が並んでた。 富士山並み!? 引き返し路肩駐車にしたが、駐車料金は集金されなかった (^^;)  そんなこんなで朝はコンプレッション履き損ね。

 赤岳直下の岩陰で大勢の登山者が途切れた時を見計らって、ズボンを脱いで履いた (^^;)  これが良かったのか、下りの膝痛が皆無でした。 流行ってるだけあっていいね。

 車で入れなかった分が歩きになったが、今回は登山靴をトレランシューズに代えて正解!、林道を楽に歩けてグー。 今日は登山靴以外の人は他に一人だけでしたが、足首の捻挫など足元に気を付ければ、軽快に歩けて楽 (^^)  『山は登山靴!』 はちょっと固定観念だな、荷物が軽ければ。
  
 中高年が登山に目覚めて、第二の登山ブームと言われて何年が経つだろう。  ここにきてテレビでは、カラフルなザックや服を着た山ガール、キャンプガールが特集される。 
 「山の良さがやっとわかったか!!」 と、何十年も前からの登山愛好者は得意げになるが、ちょっと待って (^^;)
 渋谷や新宿じゃあるまいし、皆おなじタイツにパンツやスカートのコーディネイト、カラフルな上着ってどうなの!? それでも、第三の登山ブームになろうとしている。 

 登山人口が増え、小屋が新築されて、部屋やトイレも綺麗になり食事も豪華になるのはいい事だけど。。。  山は街の雑踏を離れ、自分に向き合う、孤高、ストイックなんて言葉が当てはまる時代を過ごした者には、夏の富士山の様な混雑は頂けない。 勝手ですが早くブームが過ぎ去ることを祈るよ。

 でも、まだまだ盛り上がりそうだな (><)
c0133096_2116029.jpg

 ところで、今晩22:00から、NHK BS1で、激走モンブラン を放送する。 2年前にも放送したが、今年は日本人参加者が3倍に増え、100名も参加したそうで、国内でもトレランが増えてるしね。 夏の北アルプスにも出没してたし。 
 2部構成で、第1部は日本のトップランナー・鏑木選手と、三連覇を狙う王者キリアン(スペイン)を中心に。 第2部ではラリーライダーから転身した三好礼子さんを中心に、日本人ランナーたちが挑む自分の限界との闘い。 面白そう ♪♪

人気ブログランキングへ  ←  ポチ宜しくです。
by takatakabike2 | 2011-10-10 20:20 | 登山 | Comments(0)

 3連休の最後が晴れるようなので、八ヶ岳へ出かけて来ました。 ちょっと出遅れて4:45 自宅を出発!

 甲府盆地の前で夜明け、甲府の山々と遠くに八ヶ岳がはっきりと (^^) 今日は天気がいいぞ!
c0133096_194981.jpg

 林道は昨日の雨で泥道! なんとか無事に、7:20 美濃戸山荘に到着、駐車代は1000円! 3連休も昨日まで雨曇りだったので今日は登山者が多く、ほぼ満車です。

 7:45 登り始める。 1時間半歩いて、やっと横岳が見えてきた ♪♪
c0133096_20103669.jpg

 9:50 コースタイムどおりに行者小屋に着く。 日本晴れだ~ 003.gif
c0133096_2015463.jpg

 阿弥陀岳が高い! 最近のテントはカラフルだね
c0133096_226155.jpg

 今時の小屋はソーラー発電付き、凄い 
c0133096_20175082.jpg

 紅葉がいいですねぇ 019.gif
c0133096_20281982.jpg

 先々週の光岳登山で初めて使ったトレイルラン用の軽量シューズを今回も使う。 軽量なので登りも速く軽やかに。でも下山後、3日ほど筋肉痛が酷かった (><) 無理しちゃ駄目だね

 階段が整備された文三郎尾根を登ること30分。絶景!
c0133096_22345852.jpg
c0133096_2245282.jpg

 北アルプスをズームアップ  穂高連峰、槍ヶ岳がしっかり確認できますね
c0133096_2254357.jpg

 阿弥陀岳へ続く尾根道
c0133096_22572934.jpg
 
 11:20 赤岳山頂です。 登山者が多く休む場所を探すのに一苦労
c0133096_230230.jpg

 近くの赤岳頂上小屋へ移動して、パノラマ写真を撮る。 赤岳山頂、阿弥陀岳、横岳
   クリックで拡大。
c0133096_2365969.jpg
   
 霧ヶ峰高原、蓼科山
c0133096_2312202.jpg

 反対側の清里方面   遠くの山肌に逆三角形の白い建造物が見える? ダムかな?
c0133096_231363.jpg

 ズームしました。やっぱ、ダムかな!? 地図で調べてみます
c0133096_23144486.jpg

 風もなく暖かな秋日和で1時間強、360度の絶景を眺めながら、まったり。 幸せだなぁ 003.gif

 12:30に出発、赤岳展望荘まで降りて、赤岳を振り返る。 ここは風力発電だね
c0133096_2320487.jpg

 地蔵尾根を降りる。ここも急坂です
c0133096_23255473.jpg

 横岳を見上げる。 
c0133096_23285055.jpg

 帰りはゆっくり写真を撮りながら下る ♪♪  湿気が多いのか八ヶ岳の樹林帯は苔生した処が多い
c0133096_23325397.jpg
c0133096_23332117.jpg
c0133096_23335169.jpg

 15:10 駐車場に到着。 山ブームでしょうか、若い山ガールや山ボーイが結構いました。一泊二日の方が多かったみたい。
 今日は秋の素晴らしい天気のもと最高の登山でした~ (^^)/

 帰りに近くの白州町にある『フォッサマグナの湯』で1時間まったりして帰宅しました。露天風呂もあり、少し硫黄の臭いがして良さげです、700円だし。
c0133096_23403319.jpg

d0089111_22113787.gif←ポチ宜しく、ブログランキングに登録しています。 いつも応援ありがとうございます。
by takatakabike2 | 2010-10-20 23:42 | 登山

10/11(月) 八ヶ岳 赤岳

c0133096_17171823.jpg

c0133096_1717187.jpg

c0133096_1717189.jpg

3連休最後の月曜が晴れるので、八ヶ岳に行く。
4:30自宅を出て、7:45から登る。
天気は最高! 赤岳は 360度の展望 (^o^)/
by takatakabike2 | 2010-10-11 11:17 | 登山 | Comments(2)

 3連休は好天が続いたので、最後の日に、八ヶ岳の阿弥陀岳(2805m)、赤岳(2899m)に登ってきました。
 過去のブログを見ると、去年の3連休はNumazuアルプスに登っていて、11月の3連休は瑞垣山(2230m)に登っていた。 今年の11月の3連休はどこ行きましょうか、楽しみです。。。

 八ヶ岳の赤岳は3000m級の山頂へ日帰りで、楽に立てるので数十回もお世話になってます

   001.gif  阿弥陀岳から赤岳
c0133096_1424214.jpg

 登山口の美濃戸山荘(1700m)から赤岳(2899m)まで、標高差1200m。 美濃戸山荘~行者小屋~阿弥陀岳~赤岳~地蔵尾根~美濃戸山荘のコースタイムは7時間30分。
 今日の山行は7:30発~15:30着の8時間でした。

 帰りに走って下ったことで、2日間筋肉痛に悩まされました! 下りはゆっくりが鉄則です。 ネットで調べると、筋肉痛になる一番は荷物を持ち上げる。下りの歩き走りの時だそうです。

 朝4:00起き、夜明け前のコンビニで朝、昼飯を買って 4:20出発。 道は当然ですが空いていて登山口へ7:00前に到着。2時間40分とは速い! 高速料金の1600円は『どこまでも1000円割引』ではなく、100km以内+早朝の『通勤割引50%』が適用され800円でした。

 秋の空に、右から編笠岳から横岳までの八ヶ岳がくっきり、一番高いのが赤岳 003.gif
c0133096_13314979.jpg

 バスだと登山口の美濃戸口から歩くが、自家用車は歩行1時間を省いて美濃戸山荘まで入れる。 今日もその道を走るが、途中の急坂で前の2台のFF車がスリップで登れず。 FFは弱い! 愛車もFFなので無理をせず近くの道端に車を駐車。 歩き始めると4WD車に相乗りさせてくれる方が居て、ラッキー!でした (^^)

 7:30美濃戸山荘を出発。 紅葉はもう終盤でイマイチでした。
c0133096_13473368.jpg

 横岳の稜線が見えてきた。 天気は最高 (^^)
c0133096_13502524.jpg
 
 9:40 行者小屋に到着、昔に比べ小屋は綺麗で大きくなって、トイレも綺麗でした。 これも中高年の登山ブームで登山者人口が増えたお陰です!? 
c0133096_13575226.jpg
 
 これから登る阿弥陀岳 (^^)/
c0133096_13564713.jpg

 赤岳 このときは逆光だったので、帰りに撮りました (^^;)
c0133096_13572791.jpg

 途中、単独のおじさんと話をすると、北海道の千歳から来た! えっ!? 詳しく聞くと、山が好きで4月に車で松本に来て仕事を探し、今は寮に住んで日曜の日帰り登山で44座を登ったと。
 11月になったら雪が降る前に北海道へ帰るそうな。 どこまで走っても1000円は力強い。 この人はやたらと花や木の植物が詳しくて、道すがら飽きずに歩けました。

 11:00 阿弥陀岳の山頂。 赤岳が立派です 019.gif 
c0133096_16131520.jpg

 赤岳の隣の横岳、硫黄岳
c0133096_16244216.jpg

 八ヶ岳南尾根の権現岳、編笠岳。 遠くに富士山、南アルプスがくっきり
c0133096_16144633.jpg

 北は八ヶ岳の硫黄岳、天狗岳、横岳、蓼科山が続く。 遠くには北アルプス
c0133096_1617179.jpg

 北アルプス(穂高、槍)をズーム。 台風のときに降った雪は晴天続きで消えていました。
c0133096_16201883.jpg

 阿弥陀岳は急登だった。 中岳を越え、赤岳を目指す。 意外と若人の登山者が居ました。おじさんの説では『岳』というマンガの影響だよと、一度読んでみるかな。
c0133096_16282513.jpg

 12:30 赤岳  
c0133096_16383377.jpg

 犬と一緒に『海の口』から登って来たおじさんがいました。 柴犬ですが、よく4時間登ったな
c0133096_16373978.jpg

 結構、時間がかかったので早々に下りの地蔵尾根へ。 東には清里方面が良く見える
c0133096_1644152.jpg

 13:00 地蔵峠に到着。 赤岳展望荘と赤岳を振り返る
c0133096_1646094.jpg
 
 富士山はどこから見ても富士山だね
c0133096_16472446.jpg

 北は横岳、硫黄への縦走路
c0133096_164846.jpg

 地蔵尾根は急なので慎重に下りる、遠くに行者小屋が見える。 途中、今晩小屋で泊まる御高齢の方にすれ違う、気をつけて。
c0133096_1651251.jpg

 帰りの車道歩きは疲れるが、両側の白樺林が綺麗でした。 歩きもいいか 004.gif
c0133096_16523528.jpg

 15:40 車に戻る。 今日は最高の登山日和でした、感謝感謝。 003.gif 

 このあと、汗と疲れを流すため近くの温泉へ。 ネットでしらべた『ゆ~とろん水神の湯』 ここは狭いけど、単純硫黄泉の白濁した源泉を掛け流しです。 露天もあり、まったりできました ここは グー! (^^) 

d0089111_22113787.gif←ポチ宜しく、ブログランキングに登録しています。 いつも応援ありがとうございます。
by takatakabike2 | 2009-10-14 21:16 | 登山 | Comments(2)

 夜明けが遅くなった。出発の5:40はまだ真っ暗です。 たまには御殿場経由で行く事にした。
 道が空いているので富士五湖有料道路はパスして県道へ、6:40山中湖湖畔で朝陽に輝く富士山がドーンと。  
c0133096_2141618.jpg

 休憩がてら湖畔へおりると、朝焼けの空と湖面が綺麗ですねぇ、『早起きは三文の徳』と言いますが本当です!。
c0133096_2153429.jpg

 どでかいアヒル?いや白鳥だ。
c0133096_216915.jpg

 篭坂峠を越え甲府盆地へ、中央フリーウェイSAから雪の南アルプスが綺麗に見えました。 農鳥岳、間ノ岳、北岳の白鳳三山
c0133096_2117940.jpg

 ETC割引きを知ってますか? 9月から土日祝日9:00~17:00の100km以内で、日に2回までなら50%引きになります。 更に通常の朝と晩の通勤割引も使えます。 今回は行き帰りとも使わせてもらいました。
 須玉で高速をおり、河岸段丘の丘を走っていると奥秩父山塊が見えてきました。 左が瑞牆山。 
c0133096_21302017.jpg
  
 8:50瑞牆山荘に着くとさすがは三連休、30~40台の車で駐車場は満杯です。 9:05出発。 コースタイムは登り3h、くだり2hなので、14~15時には帰ってくる予定。 
 9:30富士見平の手前で瑞牆山が見えてきた。
c0133096_21432634.jpg

 金峰山との分岐にある富士見平には小屋とキャンプ場があります。
c0133096_20193100.jpg

 この山は岩山なので、大石がそこおかしこにあり、この大石は今にも転がりだしそうなので、つっかえ棒で支えてる?!
c0133096_20242299.jpg

 登りの途中で愛犬を連れた登山者に会う。 犬はなんと、あの可愛いトイプードルでした。 家で飼われることが多い意ひ弱なイメージでしたが、意外と活動的な犬だそうです。
 人なつっこくて、やんちゃ、かわいい。 
c0133096_21533322.jpg
 
 空が綺麗だ。 大岩が多いこの山は岩の間を抜けながら直登で登っていきます。
c0133096_21572569.jpg

 11:13 瑞垣山頂2230mに到着、休憩なしで3hコースを2hで登れました。 青空がまぶしいっす。 山頂には沢山の登山者がいます。
c0133096_2241471.jpg

c0133096_2001236.jpg

 ワンちゃんも元気に登頂!  『ワンちゃんも 登ってはしゃぐ 絶景かな』
c0133096_22101368.jpg
c0133096_221047100.jpg

 左から金峰山、富士山、南アルプス、八ヶ岳を望むパノラマ。
 クリックすると拡大します。 
c0133096_2356463.jpg

 メインの山をズームアップします。金峰山の五丈石
c0133096_23462737.jpg

 富士山
c0133096_23465380.jpg

 南アルプス
c0133096_23472320.jpg

 更に甲斐駒ケ岳をズームアップ
c0133096_23474677.jpg

 尾根が雲に隠れた八ヶ岳
c0133096_23485014.jpg

c0133096_08975.jpg 山頂は風で寒いので、昼飯は少し下って温かいラーメンを食す12:15。
 ここ数年は山に来ると、登山道が荒れていることが気がかり。 このまま、あと何十年かすると山道ではなく沢になってしまう。 ここも沢になった道は廃道にして新たな道を作っているが、それもすぐに沢になる。 人が歩き草木が枯れ、雨で土壌が流される。 特にここは土壌が流されやすいようだ。
 入山料を取って登山道を改修補強しなければ山が人害で荒れ放題となる。  

c0133096_0242953.jpg 13:50駐車場に無事到着。 かなり気温が下がってきた晩秋も、今日は天気が良く暖かな山行でした。 紅葉は11月末なので終わってましたね。
 ただ、日陰は寒くて温かな飲み物がほしい。軽い魔法瓶(テルモス)がほしくなった。 

 帰りに増富のラジウム温泉の日帰り温泉施設『増富の湯』に寄りましたが、連休で駐車場が満車。
 ごぼう洗い状態が予想されたので、そのまま帰宅することにしました。

帰り道で、精進湖からの富士
c0133096_15492076.jpg

 朝霧高原から、ススキと富士
c0133096_15521688.jpg

 今日の万歩計の歩数は13000歩。 実歩行3.5hのお気軽登山でした。

d0089111_22113787.gif←ポチ宜しく、ブログランキングに登録しています。 
by takatakabike2 | 2008-11-23 23:41 | 登山 | Comments(0)