c0133096_09181795.jpg燕岳を登頂した昨日(5/3)の午後6時ごろに中房温泉の林道で落石があったとTV報道がありました。

下山後温泉に入り、午後4時から4時30分頃にその林道を通過したので、危ないところでした!!

《今日のニュース》
北アルプスに通じる安曇野市の県道できのう夕方落石があり、登山客や中房温泉の宿泊客およそ400人が一時孤立状態になりました。
落石があったのは、安曇野市の県道槍ケ岳矢村線です。
きのう午後6時ごろ、燕岳登山口にある中房温泉から5km下った場所が通れなくなっていると、宿泊施設から県安曇野建設事務所に連絡がありました。
県によると落下した石や岩は8tから6tで、長さ10mにわたって中房温泉に通じる唯一の県道をふさいでいて、巻き込まれた人や車はありませんでした。
通行止めの影響で、中房温泉の宿泊客や登山客およそ400人が孤立状態になりました。
県が復旧工事を進め、午後2時半に一時的に通行ができるようになり、登山客が下山しました。

========================

同じ日に登った ”ヤマレコ” 投稿者(燕山荘に宿泊された方)の写真が素晴らしかったので無断で! 拝借させてもらいました (^^;

当日の午後は曇って小雨も降りましたが、夕方は晴れ上がったようです。 夕陽の槍ヶ岳が素晴らしい。
c0133096_20382526.jpg
c0133096_20383922.jpg

by takatakabike2 | 2014-05-06 20:29 | 登山 | Comments(0)

c0133096_15255825.jpgこの時期恒例の残雪の北アルプス燕岳を登って来ました。

朝方は晴天で最高の景色に恵まれましたが、10:00頃から曇ってきて14:00頃から小雨となってしまいました。

飽きもせず今回で11回目の登頂 (^^;  

来年は他の山にしようか? 
でも登山中や山頂の展望が素晴らしく、更に安全に登れる山が他にあるかな?!


5:20中房温泉-8:15合戦小屋8:30-9:45燕山荘10:00-10:20山頂10:40-12:00合戦小屋12:30-14:25中房温泉  9h コース   ・標高差:1310m
c0133096_15465643.jpg
===================

前日16:30自宅発、通勤割引の認定が厳しくなり割引なし、塩尻ICで降り農道を通って21:00中房温泉着、連休前日のため駐車場は空きあり。

テントで熟睡していた夜明け前3:00頃に寒さで起きると車が続々と入場、騒がしくなり眠られず4:00起床、5:20登山Start。
去年の駐車場は空いていたが、登山者が毎年増加して満杯になる前の夜明け前に来るのかな?

トイレのある登山口には15名ほどの登山者が支度をしてました。
c0133096_15475665.jpg

30分登ると残雪が出てくる。例年より雪は多そうだ。 風はなく寒くはない
c0133096_15493130.jpg

日本三大急登と呼ばれる道を合戦小屋まで、我慢
c0133096_15515306.jpg

予定通り3時間で、合戦小屋に到着
c0133096_16244813.jpg
c0133096_16250871.jpg

燕山荘に続く尾根に出ると、常念岳が見え
c0133096_16303421.jpg

大天井岳と槍ヶ岳が見える
c0133096_16294262.jpg

てっぺんに燕山荘も見えてきた
c0133096_16331729.jpg

9:45 燕山荘に到着。 燕岳はくっきりだが、雲が出てきました。 主脈尾根に出ると飛騨側からの風が強く防寒着を羽織る。
c0133096_16352373.jpg
c0133096_16470028.jpg

燕岳に向かう途中、いつもの「いるか岩」
c0133096_16363627.jpg

もう少し
c0133096_16372150.jpg

10:20 山頂に到着。 雲が出てきて周りの山々は雲に隠れてしまいました。立山・剣岳方面
c0133096_16411326.jpg

燕山荘から歩いてきた道と、大天井岳へ続く尾根
c0133096_16414563.jpg

小屋に戻ってくると、カラフルなテントが増えてました
c0133096_16473793.jpg

下山です。 昼になって登山者がかなり増ています。 

小屋を振り返る。 山の天気は変わり易い、晴れたり曇ったり
c0133096_16510973.jpg

合戦小屋の急坂を沢山の方が登ってくる。 若人の登山者が増えたな。
c0133096_16534299.jpg

14:25 中房温泉に到着。 今回は登りもそんなに辛くなくいい感じでした。 

下山の途中から小雨が降ってきた。気温が上がり暑かったので丁度よく涼しい。
下山後の中房温泉「有明荘」の露天風呂も雨の中で気持ち良く登山の汗を流せました (^^

人気ブログランキングへ  ←  ポチ宜しく
by takatakabike2 | 2014-05-04 16:16 | 登山 | Comments(0)

連休中は、ずーっと 晴天が続くそうなので、登山口の駐車場が空いてる連休初日5/3に燕岳へ行くことに。 前日5/2 16:30発、渋滞もなく中房温泉に21:00着 (4h30m)。 駐車場は案の定ガラガラ、早速テントで寝ようとしたが、寒っ! 気温が天気予報通り、例年より10℃近く低い。 氷点下以下か~
結局、寒く寝たり起きたりで熟睡できず、朝起きると空はガスがたちこめ (><) 

でも、少し待っていると、ガスが晴れて天気予報通りの晴天に ♪♪

  ・今回は寒い山行でしたが冷えたことで靄が出ず、冬山の様な澄み切った景色を堪能
   できました。  この時期毎年登ってますが、初めて (^^)/

     6:30 - 燕岳(11:40~12:00) - 15:30   (9h)

=============================

6:30 登山口をスタート
今日は登山者が多い。 雪山なので山ガールは少な目だけど、山ボーイが多いのにはビックリ。  登山ブームはまだまだ続くね
c0133096_1193979.jpg

見る見るうちにガスが上がって晴天になっていく
c0133096_1111037.jpg

例年より残雪が多くて30分も歩くと残雪が出てくる。 今日は気温が低く凍っているためアイゼンを着ける。歩きにくい。
c0133096_1441750.jpg

9:40 いつもより少し遅れ、3時間かかって「合戦小屋」 に到着。 ここまで小屋泊まりの方を何人も追い抜くが、日帰りらしい方には追い抜かれる (^^;
c0133096_111284.jpg

小屋へ続く尾根に上がると、大天井岳の尾根から 「槍ヶ岳」 が覗く。 雲一つないドピカン天気、こんな天気は何年振りか
c0133096_15124760.jpg

頂きに燕山荘が見えてきた
c0133096_15191378.jpg

10:45 燕山荘 到着。  素晴らしい景色です!!!   こんな日はめったにない (^^)/

風が強く寒いので、ダウンジャケットとレインパンツを着込む(小屋のブログをあとから見ると最高気温が -3℃)。  何年振りかに装着した12本歯のアイゼンは重く (^^; 疲れました。  残雪は例年より多いですね。
c0133096_1522381.jpg
c0133096_1238108.jpg
c0133096_15264334.jpg

11:00 燕岳へ向う。 風が相変わらず強い、もうちょっと!
琵琶湖で攣った左内腿が攣りそうに、ゆっくり登る (><)
c0133096_12564375.jpg

11:40 燕岳 2763m 到着!

左から燕山荘、大天井、穂高、槍、笠、鷲羽、水晶、野口五郎、薬師、立山、剣、針の木、鹿島槍が見渡せます。  クリックで拡大
c0133096_13104387.jpg

大天井、穂高、槍ヶ岳、笠ヶ岳 方面
c0133096_19222467.jpg

立山、剣方面は曇
c0133096_19311089.jpg

穂高、槍ヶ岳  ズーム
c0133096_1538249.jpg

左に針の木、右に鹿島槍ヶ岳(双耳峰)  ズーム
c0133096_1539834.jpg

12:20 燕山荘に戻って
c0133096_13364388.jpg

下りの尾根は風がなく暖かくて、山を独り占め。  静かな大自然の中に浸れる至福の時
c0133096_15421917.jpg
c0133096_1350462.jpg

15:30 登山口に到着     ※下りはアイゼンを履いた方が楽なことがわかったよ。

15:30って、出発が遅れたこともあるけど今までで一番遅かった (><)   睡眠不足? 

でも、今日は日本晴れでいい一日でした (^^)/

人気ブログランキングへ  ←  ポチ宜しく
by takatakabike2 | 2013-05-04 16:12 | 登山 | Comments(2)

 長野地方で、唯一晴れ予報の5/5を狙って登って来ました。 予報はズバリ当たって風が強かったけど、最高の天気でした。 一日前は荒天の白馬岳で6人が貧弱な登山装備もあって遭難しています。5月の山を甘く見てはいけません!

 前日5/4 17:00 今回一緒に登るSさん宅を出ましたが、本栖湖の信号渋滞で1時間ほどロス。本栖方面の車両は少ないから、感応式にしてほしい <`ヘ´>
 22:00 登山口の「中房温泉」に到着、雨が降ってきたので、早々に少ない空き地へテントを張る。 最近、購入したテントは400gで超軽量、設営は内張りポールで簡単。

 4:30 起床するが、まだ雨が降り続いていた (;;)  しばらく様子をみていると、幸運にも雨があがって、少し青空が覗いてきたので、いつもより30分遅れて出発 (^^)  登山者は多目。
c0133096_21401120.jpg

 いつもと同じに3時間で合戦小屋に到着。 例年より雪は少ない。ここ数日雨の日が多かったからか。
c0133096_21441211.jpg

 右に燕岳が見える尾根に出る。 ここからは展望が開ける。
c0133096_21534372.jpg

 10:45 燕山荘に到着。 槍穂高方面は雲。 
c0133096_21582144.jpg

 燕岳まであと30分。 風は強い。
c0133096_2203018.jpg

 例年ある雪がほとんど無い。
c0133096_2225354.jpg

 11:30 山頂。 裏銀座の山々を背に。  日帰り登山の3名も合流、登りのペースがほとんど同じだ。
c0133096_2263862.jpg

 立山、剣方面は雲で見えませんでした。 風が強いので早々に下山。
c0133096_22425036.jpg

 次第に雲が去って晴れてきた。 ジャンプする 「イルカ岩」
c0133096_22134842.jpg

 小屋に戻ると、燕岳も青空。
c0133096_22203469.jpg

 槍も見えて
c0133096_22215235.jpg

 松本の街も見える。 ここから夜景は綺麗でしょう
c0133096_22235090.jpg
c0133096_22281885.jpg
c0133096_22294765.jpg

 15:10 登山口に到着。 今日は午後から晴天になって、ラッキーな一日でした。 ありがとう ♪♪

 今回が5月登頂10回目!  だんだん、終盤の体力がきつくなってきた (^^;)

人気ブログランキングへ  ←  ポチ宜しくです。
by takatakabike2 | 2012-05-05 22:51 | 登山 | Comments(0)

 連休中の5/3晩、登山口の中房温泉 駐車場は満杯? という不安。 本栖湖手前に来ると渋滞に捕まる。事故か? のろのろ運転を30分、渋滞は本栖湖の信号機だった (><) 
 双葉SA、諏訪湖SAは当然満車状態。でも本線の渋滞は無く、ラッキーでした (^^)
 
 23:00 駐車場着。 以外にも70%程度の混み具合で、テントを張るスペースもあった。 羽毛シュラフと羽毛服を着て暖まって寝ると、4:30までぐっすり寝れました ♪♪

 ゆっくりし過ぎで、6:00に登山口1462m を出発。 いつもは十人ぐらいいる登山者も今日は重装備の若人2人だけ、少ない。 空を見上げると青空!!今日はいい登山になるぞー ♪♪
c0133096_8355384.jpg

 歩くと直ぐに雪が。 今年は4月が寒くて雪が沢山降ったから残雪が多いっす。 登山道は休憩のベンチが30分おきにあるのでペースが作り易い、今日は長丁場になるのでゆっくり登ります。 
c0133096_8533889.jpg

 8:50 合戦小屋に到着、気温は上がらず寒い!。 3時間弱、いいペースです ♪♪   
c0133096_8572279.jpg

 樹林帯を抜け尾根に出て、常念への尾根が望める。 尾根は風があって、ヤッケを着る。
c0133096_912256.jpg

 小屋が見えてきた。 中高年が多いのはいつもの事ですが、以外に女子、山女がちらほら。 ちょっとブームになりつつあるか。
c0133096_97319.jpg

 10:10 尾根の縦走路へ出た。 槍が遠く見えます。途中で帽子を落としてしまい、日差しが眩しい。
c0133096_9103466.jpg
 
 4時間、やっと燕岳に向います。 結構疲れました、風は強いまま。
c0133096_9125593.jpg

 10:45 やっと山頂 2763m (^^)  風が強く、景色は靄がかかり立山、剣は見えない。 燕山荘を振り返る
c0133096_9244565.jpg

 槍、穂高をズーム
c0133096_9172049.jpg

 鷲羽岳、水晶岳、野口五郎岳などの通称、裏銀座尾根
c0133096_19153840.jpg

 燕山荘に戻る。 下りは楽だ ♪♪
c0133096_9284566.jpg
 
 11:35 下り始める。 日差しが強くなり暑い暑い。 登山者は2日がピークだそうで、今日は少なめ。
c0133096_9365638.jpg
  
 下るほど急になる。登りは気がつかなかったけど、結構、急坂。 今日は日帰り登山の方が6人ぐらい居ました。
c0133096_9391910.jpg

 ゆくっり下ったので膝痛もなく、14:30 登山口着。 ゆっくりが良かったのか、加圧パンツが良かったのか?! 体力的にいつまで登れるかな。。。

 帰りは中房温泉に1時間まったり浸かり、渋滞の高速へ突入。 塩尻、長坂で恒例の上り坂渋滞でした。

d0089111_22113787.gif←ポチ宜しく、ブログランキングに登録しています。 いつも応援ありがとうございます。
by takatakabike2 | 2010-05-07 08:54 | 登山 | Comments(4)

 5/1 17:10自宅を出発。 今回はいつもの富士宮経由をやめて御殿場とした。精進からの山道を避けました。
 途中、夕暮れの中、田植え前の田圃に写った 「田圃の逆さ富士」っす。
c0133096_16324861.jpg

 河口湖ICからの富士      双葉SAは1000円割引じゃないのに満車

c0133096_16445672.jpgc0133096_16451911.jpg

 22:30 中房温泉着、テントで熟睡。 羽毛のシュラフでも結構冷えました。

 翌日5:00 起床、晴天 (^。^)/   6:10 登山口出発、土曜なので登山者は少ないと思いましたが、結構いますね。 
c0133096_16531327.jpg

 第二ベンチで休憩。 例年、案内板のところまで残雪がありますが、今年は50cmほど少ないです。     まだまだ急斜面の登りが続く。

c0133096_174466.jpgc0133096_175953.jpg

 樹林帯の中、常念岳の尾根
c0133096_17131291.jpg

 樹林帯の中、予定通り3h弱で合戦小屋に到着、8:50

c0133096_17164129.jpgc0133096_17165730.jpg

 尾根に出ました。 ここから、見通しがいい尾根を1hで燕山荘。
c0133096_17233890.jpg

 燕山荘が見えてきた。 今日は雲ひとつ無い晴天で風もないで、日焼けが心配です。小屋まであと30分。
c0133096_1730261.jpg

 振り返ると、雪がまぶしい。
c0133096_17312395.jpg

 10:07 予定通り4hで燕山荘に着いた。 のびていく足跡は通称銀座コースと言われている大天井、槍への縦走路。 その向こうに穂高、槍。
c0133096_17374360.jpg

 槍をズーム
c0133096_17391141.jpg

 例年より雪が少ない燕岳
c0133096_17403191.jpg

 山荘とテント村
c0133096_18462876.jpg
c0133096_18465646.jpg

 燕岳へは左に、烏帽子、野口五郎、水晶、三叉蓮華岳の尾根、通称裏銀座コースを眺めながらの30分。 途中、山イルカに逢った! 跳ねてるね。 
c0133096_1821341.jpg

 10:45 燕岳山頂 気温は10℃、風が無いことと日差しが強いので暑いくらいです。 一昨年は6℃で風が強く早々に下山しましたが、今年はラッキー 180度、山山山の景色 (^。^) 

c0133096_18263983.jpgc0133096_1827180.jpg

 山荘方面、左の尾根を登ってきました。 右奥が大天井、左に常念岳。
c0133096_18502094.jpg

 剣、立山方面
c0133096_184220100.jpg

 剣をズーム
c0133096_1843228.jpg

 景色をながめ、極楽極楽、まったり過ごし、11:30 下山開始。 

 途中、燕岳を眺めながらお昼寝
c0133096_1982353.jpg

 ゆっくり降りたので膝も痛くならず、15:00無事下山。 国民宿舎『有明荘』の温泉で汗と疲れを流し、16:30発、19:30無事帰宅。 

c0133096_19122430.jpg ここの温泉はアルカリ性硫黄単純温泉(低張性高温泉)、源泉掛け流し。 近くの中房渓谷も硫黄のにおいがしていて、湯量は豊富のようですが、風呂に注がれているのはちょぼちょぼ。去年は滝の様に流れてた。。。 今年から経営が国から燕山荘になったからか?!。
 でもここの温泉は雰囲気、硫黄の香り、泉質といい、ベストです。 
  
 歩数:20.000歩、 時間:9.5h   一日たって、足の筋肉痛がひどいっす (^_^;) 

d0089111_22113787.gif←ポチ宜しく、ブログランキングに登録しています。 いつも応援ありがとうございます。
by takatakabike2 | 2009-05-03 16:40 | 登山 | Comments(0)

 携帯で投稿したブログを更新します。
 
 昨夜、長野県穂高町の中房温泉の駐車場に23:30着。 明日が連休初日のためか駐車場はがらがら。 車中泊する予定が、シートが完全にフラットにならないため眠れない。若い頃はどんな所でも寝れたが、体が贅沢になったのか。
 しょうがないのでテントを張って寝ようとしたが、今度は寝袋を忘れたことに気がつく。 先日購入した羽毛服を着て横になるが、寒くて眠れない。 テントのフライシートをかぶりなんとか寝付くが寒くて何度も起きる羽目に。

 2~3時間しか寝むれなかったが、朝起きて空を見上げると、雲ひとつない晴天でした!!! これで元気になった。 

 いつもの様に、6:00に登山口をスタート。

c0133096_2310612.jpg 1時間歩いて第二ベンチで休憩。 案内板が半分近く雪に埋まっている、例年より雪が多目ですね。
 調子の方は膝の調子がいまいち。 脚力も例の腰の痛打事件で走ることができず、トレーニング不足。 今日はゆっくり登ることにした。

 8:50合戦小屋着、先頭集団なので小屋前のベンチも空いていて、売店の方も暇そうです。 ほとんどの登山者は一泊二日で、小屋泊まり、テント泊まりが少々。日帰りは私だけでしょう。 なので、12時までに登山口を出れば良く、こんなに朝早く登らない。
c0133096_23123673.jpg

 燕岳~大天井岳の尾根にある「蛙岩」が綺麗に見えます。
雪面の反射で帽子を被っていても日焼けするので、日焼け止めクリームを塗りこむ。顔が白くなり可笑しいが構わず、たんまりと。 反射でサングラスをかけた目も痛くなってきた。グラスの色が淡い色だからか、それにしても陽射しが強烈。

 数十分後、突然ガスがかかってきて、なんと!!好天もここまででした。 山の天気は変わり易っす!!。
c0133096_23195337.jpg

 小屋近くから直下の急登を撮る
c0133096_1845359.jpg

 10:15燕小屋に着きました、9:00からガスってしまって眺望は全く駄目でした、残念。
c0133096_18453576.jpg

 燕山頂方面もガスの中。 昼飯を食べてここで引き返すことに 10:40。
c0133096_18453521.jpg

 昨年は燕岳がこんなに綺麗に見えました。
c0133096_11272678.jpg

 槍ヶ岳もこんなに。
c0133096_11293436.jpg

 昨年は体調が良く、合戦小屋まで小走りに下りたけれど、その後、膝が痛くなり小屋から少しびっこを引いて下りた苦い経験があるので、今年はゆっくり下ります。

 下っていると、中高年の登山者が尾根をどんどん上がってきます。 右上が山頂方向。
c0133096_23313397.jpg

c0133096_23395446.jpg 11:45合戦小屋。 小屋前の広場が朝とは違って満員です、300円の即席ラーメンを注文して一服。  
 ガスが少しずつ晴れてきているので、これから登っていけば最高の景色に出会えるでしょう。

 下界は晴天のようです。
c0133096_23435885.jpg
 
 14:15登山口に到着。 燕小屋から3時間半かかりました。 例年2時間半だから、大分遅れましたが、膝は痛くならずに済みました。 もう無理は禁物かも。

 中房温泉は2軒の宿があり、湯量は豊富で源泉かけ流しです。 日帰り温泉なら国民宿舎の方がお勧めです。露天風呂が広くロケーションも素晴らしい、ついつい長湯してしまいました。

 帰りは塩尻まで、安曇野の景色を眺めながらのドライブ。 この後も渋滞はなくスムーズに帰れました。 
c0133096_235037.jpg

d0089111_22113787.gif←ポチ頼みます。
by takatakabike2 | 2008-05-03 18:45 | 登山 | Comments(0)

 5/4の燕岳日帰り登ざんのレポートです。

d0089111_12304412.jpg 連休後半の5/3 17:00に車で出発、帰省渋滞はほとんどなく、諏訪まで一般道で、ここから市街地が混むので高速に入る。
 下りの諏訪湖サービスエリアから、 上り方面と諏訪湖の夜景が綺麗。
 
 中房温泉に22:30到着。 仮眠、深夜に雨音で目を覚ます、雨か・・・(泣)。

 5/4 4:50起床 なんと晴天!、やった~。 
ここは標高1462m、山頂2763mまで標高差:1301mを日帰りピストンです。
標高差は、富士登山の表富士五合目~剣が峰山頂とほぼ同じ。
 登山口を6:10出発。d0089111_1238574.jpgd0089111_1238303.jpg
 
 合戦小屋までは標高差:900m、コースタイム:3時間。d0089111_1440066.jpg
 天気はいいが風がちと強い。

 休憩用の第二ベンチ辺りから雪が出てくる。 第三ベンチを通過して樹林帯の中、道はかなり急坂ですが、最近の自転車ツーリングで貧脚を鍛えているから調子良く登れる!?。 

 雪に埋もれた合戦小屋に8:50到着、いいペースです。 
d0089111_154378.jpg 
 日差しが強いのでサングラスを着け、日焼け止めを塗り、靴にスパッツを付け、燕山荘を目指します。 
 このルートは危険なところが無く、登りも尾根道で展望がいいため、中高年のグループや、団体ツアーの方が沢山来ています。 80%中高年、元気です。

 ちょっと登ると「合戦沢の頭」に、大天井岳と常念岳へ続く尾根が望めます。
d0089111_151439100.jpg


d0089111_15393986.jpg ここから、360度展望できる尾根道を気持ち良く(風がちと強いが)、登っていきます。

燕山荘が見えてきました、あと20分ぐらいか。

 少し雲にかかっていますが、槍ヶ岳(大槍、小槍)も見えてきました。 good!
d0089111_15523097.jpg

 軽快に飛ばし、燕山荘に到着。 今日は200人ぐらい宿泊するでしょう。  
テントは6張りほど、雪(氷)のブロックを積んで風除けにしています。

風が更に強くなり、セーターを一枚重ね着する。

左手には裏銀座(烏帽子岳~水晶岳~槍ヶ岳)コースが綺麗に見えます、写真はピークで。
d0089111_21523340.jpg

 尾根の正面に燕岳のピークが見えてきました。   
d0089111_1540239.jpg

 
10:40 燕山頂に到着。 標高:2763m 気温:2℃ 晴れ 
d0089111_16204651.jpg
 北アルプスのほとんどが望めます。白馬、鹿島槍の後立山連峰、剣立山連峰、烏帽子、水晶岳の裏銀座連峰、槍ヶ岳、穂高連峰。
 いつ来ても感動の景色です。

  ズームで、中央に双耳峰の鹿島槍ヶ岳、左奥にうっすら白馬岳
d0089111_1631734.jpg

     右から剣岳、立山
d0089111_1653430.jpg

     右から蓮華岳、三角錐の堂々とした針の木岳
d0089111_1691633.jpg

 右から裏銀座コースの烏帽子岳、野口五郎岳、水晶岳(ちょっと尖がっている山)、鷲羽岳。
 この方向から見るとなだらかに見えますが、実際は結構、標高差あり。
d0089111_1612979.jpg

 右から表銀座コースの雲にかかった槍ヶ岳、西岳、大天井岳
d0089111_16134876.jpg


 15:00 中房温泉に無事下山。 下山途中、左膝裏の筋肉痛でペースダウン、3時間半かかった。 琵琶湖一周の終盤に痛めた所と同じ、どうしたんでしょう。  有明荘の温泉で癒して帰宅する。

d0089111_22113787.gif←ポチ頼みます    
by takatakabike2 | 2007-05-06 12:18 | 登山 | Comments(0)