7/21(土) 白馬岳 日帰り 猛暑で熱中症!?


c0133096_22554121.jpg前回の白馬岳から5年も経ったので、久しぶりに北ア 白馬岳を日帰りで登ってきました。

前回は白馬岳から、白馬杓子岳をトラバース、白馬鑓が岳まで足を延ばして14時間の日帰り登山でした(リンク)。

今回は、最近の猛暑と体力に自信がないので白馬岳だけの日帰り登山です。

白馬尻からの大雪渓登りは、雪渓を吹き渡る風が冷たくて寒いぐらいでした。
雪渓が終わり2000mを越えても下界の猛暑並みの暑さで熱中症気味になり、村営小屋に着くと脚が攣ってしまい、休んでも動かすと攣るの繰り返し。

困りましたが、腹も減ったので小屋の食堂で塩味の「牛丼」を食べると、攣りが収まり元気が復活!! 山頂まで登ることが出来ました。

<コースタイム>
7/20(金) 18:30 自宅発、19:10 Yさん宅、23:50 猿倉 駐車場 テント泊

7/21(土) 4:30 起床
Start 5:20 猿倉荘 ー 6:20 白馬尻 ー 10:30 村営白馬山荘(昼飯+休憩)11:45 ー 12:20 白馬岳 12:35 ー 16:30 猿倉荘 (11時間)

 ■歩行距離:15.5km   ■累積標高差:1800m  ■詳細コース(リンク

Yさん、暑い中お疲れ様でした。また宜しく!

===============================================

5:10 駐車場からStartです。 朝日に照らされた白馬岳が綺麗です。

c0133096_20054314.jpg


5:20 猿倉荘。 登山の準備をしている登山者が沢山

c0133096_20121807.jpg


1時間ほど、清々しい早朝を平らな林道を歩いて行きます。

c0133096_20125248.jpg


6:20 白馬尻小屋がお出迎え
プレハブ造りの小屋は雪崩を避けるため秋から冬に撤収し、先週完成したばかりです。

c0133096_20150657.jpg


今年は雪渓がかなり上の方から始まります。例年より少な目です。

c0133096_20182145.jpg



5年前は白馬尻小屋を出て直ぐに雪渓が始まっていた。

c0133096_13233557.jpg


7:00 少し歩いたところから、アイゼンを履いて大雪渓を登ります
もう、かなりの方が歩いています。

c0133096_20193525.jpg


一直線に列を成して登って行きます。 雪渓を通る風が涼しいです (^^

c0133096_20252312.jpg


1時間半、雪渓の登りが終了です。 直登なので早いが疲れた!

c0133096_20292469.jpg


7月は高山植物が花盛り

c0133096_20403376.jpg


雪渓が終わっても上部にある雪渓の雪解け水が登山道の傍を流れて気持ちがいい

c0133096_20421447.jpg


この先で、雪渓を横断します。

c0133096_20491671.jpg


傾斜は急ですが、滑っても雪が柔らかく溶けているので止まる

c0133096_20501208.jpg


下を見るとこんな感じで、高度感はある

c0133096_20554132.jpg


若い外人の二人に抜かれました ^^;
アイゼンを履かずに大雪渓を登っていたから寒い国から来たのか?
その割に、猛暑なのに強い

c0133096_21000566.jpg


この辺りは、お花畑が広がっています

c0133096_21013016.jpg


尾根までもう少しですが、暑い! たまらなく暑い! バテバテ!

c0133096_21045979.jpg


10:20 村営小屋に着いて一服です。 一気に山頂へ向かうつもりだったが。。。

休んでいると脚が攣った。 動かすと何度も攣る。

小屋に入って塩味の「牛丼」を食べたら元気になる (^^/
水分をあまり取らなかたので軽い熱中症だったかな?!


1時間半ほどの長い休憩後に、山頂へ向かいます

c0133096_21411885.jpg


12:20 白馬岳の山頂。 7時間かかってしまった (@@
5年前は5時間15分だったので、熱中症の休憩が響いた。

昼過ぎになり雲が沸いて景色が望めないので早々に下山!

c0133096_21400210.jpg


c0133096_21401238.jpg


5年前は9:30に登頂したので、景色は良くて、
白馬杓子岳、白馬鑓が岳も絶景でしたが。。。

c0133096_21555638.jpg


c0133096_21565806.jpg


今回は雲の中でした。残念。

c0133096_21421459.jpg

c0133096_21582387.jpg


雪渓を下る。アイゼンがきいて歩きやすい。

c0133096_22000333.jpg


下って行くと、気温が高くなって霧となって

c0133096_22002600.jpg


16:30 駐車場に戻る。
11時間もかかってしまったが、今回は暑さにやられました。
 
帰りは近くの茶色のお湯「倉下の湯」で汗を流しました。


人気ブログランキングへ  ←  ポチ宜しく

[PR]
by takatakabike2 | 2018-07-25 22:13 | 自転車 | Comments(0)